『マンダロリアン』、シーズン2も驚きの展開と興奮の連続! ザ・チャイルドのかわいさも全開

海外ドラマ
『マンダロリアン』シーズン2
『マンダロリアン』シーズン2 マンダロリアンとザ・チャイルド (C)2020 Lucasfilm Ltd.

 『スター・ウォーズ』シリーズを愛する、ジョン・ファヴロー(『ライオン・キング』、『アイアンマン』など)ら製作陣が、「今、ジョージ・ルーカスが続編を作るとしたら?」という発想のもと誕生した『マンダロリアン』。『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』の最後で帝国が崩壊し、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』でファースト・オーダーが台頭する前の30年間を舞台に、スター・ウォーズファン興奮必至のストーリーが展開する。そんな『マンダロリアン』の待望のシーズン2が、「Disney+(ディズニープラス)」にて日米同時配信スタート! 早速、見どころを紹介していきたい(以下、一部ネタバレあり)。

■シーズン2でも“とにかくかわいい”ザ・チャイルド

 シーズン1のラスト、ジェットパックを装着したマンダロリアンによって破壊されたタイ・ファイターの中から出てきた帝国軍の指揮官モフ・ギデオンが握っていたのは、なんとダークセーバー!! という、超ド級のビックリと謎を残して終わっていた本作。

 待ちに待ったシーズン2は、マンダロリアンとザ・チャイルドが旅をしているところからスタートする。ザ・チャイルドの一族が住む惑星の手がかりを聞き出すために訪れた場所で、早速戦闘に巻き込まれるのだが、戦うマンダロリアンの傍でザ・チャイルドが、自らササッとカプセルのシールドを閉じ、避難する様子は最高にかわいい! このシーンだけで、ザ・チャイルドにぐっと心をもっていかれる。

 この後、2人が情報を求めて行くのが「タトゥイーン」。過去にはアナキン・スカイウォーカーが暮らし、その後ルーク・スカイウォーカーが育ち、彼を見守るためにオビ=ワン・ケノービが隠遁生活を送っていた、あのタトゥイーンである。シーズン1でも登場したが、スター・ウォーズファンは、このワードを聞いただけで一気にテンションが上がるという人も多いはず。

 今回の目的地は地図にも載っていない街、モス・ペルゴ。スピーダーを借りて砂漠を颯爽と走るマンダロリアンと、小さいバッグにちょっこり入っているザ・チャイルドの姿は胸キュン! 今シーズンも、ザ・チャイルドのキュートさに打ちのめされること間違いなしだ。

■あの噂は本当だった!?

 シーズン1では、反乱軍の元兵士で現在は傭兵として身を隠しながら生きるキャラ・デューンと行動を共にしていたが、ラストで別れ、シーズン2はザ・チャイルドとの2人旅になった。はみ出し者たちのチームに見慣れていたこともあってか、若干の寂しさを感じていたが、その寂しさを吹き飛ばす出会いが! そう、米メディアが報じていた、ボバ・フェットの登場である。

 ただ、ボバのアーマーを身につけていたのはボバ・フェット本人ではなく、ジャワからアーマーを買ったと話す、モス・ペルゴの保安官コブ・ヴァンスという人物。ヴァンスはアーマーを返す代わりに、街をおびやかしている桁違いにでかい怪物クレイト・ドラゴンを倒す手伝いをしろと申し出る。それを引き受けたマンダロリアンと退治に向かう道中、ヴァンスが乗っているバイクに注目すると、『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』でアナキンが使用していたポッドレーサーのエンジンと思われるものを改造して使用。こういったファンがニヤリとする仕掛けが、至るところに散りばめられているので、じっくり堪能してもらいたい。

 物語の後半は、好戦的な種族としても知られ恐れられているサンド・ピープルと街の人々が、ドラゴンを倒すために協力していくのだが、ここでもマンダロリアンが仲を取り持ち、人々をまとめていく。その様子から、彼が単なる賞金稼ぎでなく、人間的に深い人物であることも分かり、よりマンダロリアンのことを好きになるだろう。

 そして、第1話のラストは、双子の太陽を背にした謎の男のカットで幕を閉じる。演じている俳優はテムエラ・モリソン。『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』で、ボバの父ジャンゴ・フェットを演じていた人物である。とういうことは…彼はまさかのボバ!? シーズン2でも予想外の展開が楽しめそうだ。

 『マンダロリアン』シーズン2の第1話、第2話は、ディズニープラスにて配信中。第3話以降、毎週金曜日17時より配信。

エンタメ最新記事一覧

特集

クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介