『エミリー、パリへ行く』で大人気! リリー・コリンズのかわいすぎ&美しすぎるモーメント

セレブ&ゴシップ
リリー・コリンズのかわいすぎ&美しすぎるモーメント
リリー・コリンズのかわいすぎ&美しすぎるモーメント (C)AFLO(C)Zeta Image

 美しいパリの街並みと、『セックス・アンド・ザ・シティ』のクリエイター陣が手掛けるおしゃれなファッションで話題のNetflixドラマ『エミリー、パリヘ行く』。本作でエミリーを演じるリリー・コリンズ(31)は、意志を感じさせる太眉と大きな瞳を持ち、スタイリッシュだけどどこか上品でクラシカル。あのオードリー・ヘプバーンを彷彿とさせると評判の美女だ。そんなリリーの魅力あふれる、歴代レッドカーペットルックを、20代までさかのぼって振り返り!

◆『ミッシング ID』LAプレミア(2011年)

 2011年、当時21歳で少しあどけなさの残るリリーは、マークジェイコブスのバロックプリントのペプラムドレスに、ブライアン・アトウッドの赤いサテンシューズというコーデで、プレミアに登場。ドレスに合わせてヘアメイクはクラシカルに仕上げ、まるで『ティファニーで朝食を』。オードリーのイメージを印象づけた。

◆『白雪姫と鏡の女王』LAプレミア(2012年)

 ジュリア・ロバーツと共演し、白雪姫を演じた『白雪姫と鏡の女王』。このプレミアに、リリーはドルチェ&ガッバーナの黒のレースが繊細な、ふんわりスカートのドレスをチョイス。

◆第15回コスチュームデザイナーギルドアワード(2013年)

 コスチュームデザインの世界のビッグイベントに、リリーは、ポールカの2013年ブラック・カーペット・コレクションから、ブラックのドレスをチョイス! 前から見るとシンプルなのに、バックスタイルは大ぶりなリボンと、セクシーなカッティングがとても大胆。セクシーさとキュートさを両立させたルックはリリーにぴったり。

◆第22回放送映画批評家協会賞(2016年)

 アカデミー賞の前哨戦の一つ、大事な賞のブルーカーペットに登場のリリー。ここでは、エリー・サーブの透け感がセクシーな、レースのドレスをチョイス。ダークなメイクでゴシックにキメていた。

◆アカデミー賞ガバナーズ賞授賞式(2016年)

 米国アカデミー賞の特別賞に当たるガバナーズ・アワード。名誉あるこの授賞式に、リリーはアマンダ・ウェイカリーのイエローゴールドのドレスで登場。輝くサテンのテクスチャーは、まるで女神のような神々しさ。メイクもクラシカルに仕上げて、エレガントに。

◆メットガラ2017~2019を振り返り!

 ファッションの祭典メットガラにもリリーは常連! 2017年は、ラブリーなベビーピンクのチュールスカートと黒のビスチェ、そしてダークなメイクでゴスロリプリンセスに。ぱっつんボブとダークなリップが注目を集めた。カトリックがテーマの2018年は、ジバンシィのドレスでテーマを体現。ぶっとびファッションが多いメットガラでも、特に奇抜だった2019年には、ジャンバティスタヴァリのドレスで、エルヴィス・プレスリーの妻プリシラの、ウェディング姿を再現。ド派手なヘアメイクが印象的!

◆第74回ゴールデングローブ賞(2017年)

 この日のリリーは、ズハイル・ムラドの繊細なレースが美しい、ローズピンクのドレスをチョイス。リリーの定番、赤いリップがレッドカーペットによく映える!

◆『ラスト・タイクーン』プロモーション(2017年)

 ハリウッドの黄金期を舞台にしたドラマ、『ラスト・タイクーン』をプロモーション中のリリー。クラシカルなドラマから一転して、スタイリッシュなドレスをチョイス。カラーブロッキングが印象的なドレスはリーム・アクラ。リリーの透き通る肌にレッドが映える!

◆リリーはミニもお手の物

 2017年にアメリカのトークショー『Live with Kelly and Ryan(原題)』を訪れたリリーは、セルフ・ポートレイトのフラワープリントのミニワンピでキュートな着こなしを披露。ミニ&ポニーテールの組み合わせはリリーのお気に入り。2019年のドラマ『レ・ミゼラブル』をプロモーション中のNYでも、ミニ&ポニーをキャッチされている。この時の胸元がパックリあいたワンピは、スペインのブランドTHE 2ND SKIN CO.のもの。


◆チャリティ・ガラ(2019年)

 地域にアートプログラムを提供する非営利団体The Art Of Elysiumが主催する恒例のガラ。ここでは、エリー・サーブのフラワープリントドレスで登場。ドレスもさることながら、見事にアップに結われたヘアに注目!

◆『トールキン 旅のはじまり』LAプレミア(2019年)

 この日のリリーは、シャツのようなデザインが個性的なロナルド・ファン・デル・ケンプのドレスで、グリーンカーペットに登場。ドレスとマッチさせたアイスブルーのアイメイクはファンタジック。トールキンの世界観にもぴったりだ。

◆『テッド・バンディ』ロンドンプレミア(2019年)

 世界を震撼させたシリアルキラー、テッド・バンディの恋人役を演じた本作。プレミアでも衣装に意気込みが! ボディが透けて見えるエリー・サーブのシアーなドレスには、胸元に大きな黒いハートと手のモチーフ! 個性的なドレスを着こなすリリーに、世界が釘付けになった。

 イギリスの大御所ミュージシャン、フィル・コリンズを父に持ち、小さな頃から女優・モデルとして活躍してきたリリー。キャリアと年齢を重ねるごとに、ドレスのチョイスもどんどん大胆で確信的に。今年は、映画監督で作家のチャーリー・マクダウェルと婚約も発表し、公私共にとっても充実。これからの活躍がますます期待できそうだ。(文・寺井多恵)

エンタメ最新記事一覧

特集

クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介