中村蒼 『エール』鉄男として受け取った“忘れられないセリフ”

エンタメ
【解禁指定あり】中村蒼『エール』インタビュー
母校を訪れた鉄男 『エール』第108回より (C)NHK

 NHK連続テレビ小説『エール』(NHK総合/月曜~土曜8時ほか)にて、主人公・裕一(窪田正孝)の幼なじみで、正義感あふれる鉄男を好演している中村蒼。コロナ禍による約2ヵ月半の撮影休止期間を乗り越え、先日クランクアップした本作。来年30歳を迎える中村は「貴重な1年を過ごすことができました。次に向かう上でも、自信になった」と念願の朝ドラ出演を振り返る。1年の共演を通して肌で感じた窪田や山崎育三郎のすごさ、そして、作中で鉄男として受け取った忘れられないセリフについて語ってくれた。

■ “もう縁がないのかな” 諦めかけていた朝ドラ出演

 数々の名曲を生み出した実在の作曲家・古関裕而をモデルに、音楽で人々を励まし、心を照らした夫婦の波乱万丈の人生を描く本作。中村が演じる鉄男は、子ども時代に裕一と出会い、のちに作詞家となって、裕一、久志(山崎)と共に“福島三羽ガラス”と呼ばれ人気を博す人物だ。

 朝ドラ出演が念願だったという中村。「これまでも何度かオーディションを受けていましたが、年齢を重ねるにつれて“もう縁がないのかな”と思っていました」と諦めかけていたことを明かし、「でも“やっぱり出たい”という気持ちがあって。そんな中で鉄男役をいただけて、本当にうれしかった」と述懐。周囲の反響は大きいようで「役名で声をかけていただくこともあります。僕の両親は普段、あまり仕事に関してなにか言ってくることはないのですが、今回は“楽しみにしている”と言ってくれたり。そういった反応を肌で感じて、改めて“朝ドラに出られてよかったな”と感じました」と穏やかな笑顔を見せる。

 クランクインは2019年10月。1年以上の月日を鉄男役と一緒に過ごし、役者として得たものは限りない。「朝ドラには個性豊かなキャラクターがたくさん出てきますし、それを演じる方々のお芝居も素晴らしい。その中で自分が演じる役の影をいかに色濃くしていくかという大変さも感じました。人間というのは複雑で、いろいろなことを考えて生きているもの。長い時間をかけて、人間のあらゆる面を表現できるということは、大きな喜びでもありました」。

■ 窪田正孝&山崎育三郎との共演は「かなりプレッシャー」

 “福島三羽ガラス”として裕一、久志と支え合い、共に成長していく鉄男。中村自身も、窪田と山崎からたくさんの刺激を受けたという。

 窪田については座長としての才能にほれ込んだという中村。「周りを引き立てつつ、受け止めるお芝居もされていて、朝ドラで主演を張る方って、こういう方なんだなと思いました。普段の窪田さんは、いつもニコニコしていて。スタッフさんともコミュニケーションをたくさんとって、カメラが回った瞬間に裕一になる」とその切り替えの早さを絶賛。

 一方、山崎については「育さん(山崎)は、歌の才能も素晴らしい。今回はミュージカル界の方もたくさん出演されていましたが、みなさん“育さんは別格だ”とおっしゃっていました。お芝居もすごくて、生まれながらの華がありながら、痛みも抱えていく久志が日本中から愛されるキャラクターになったのは、育さんが演じたからこそ。そんなお2人とご一緒できて本当に楽しかった」と出会いに感謝しつつ、「その反面、僕としてはかなりプレッシャーもあって(苦笑)。相当な緊張感を持ってやっていました」と真摯(しんし)な思いを明かす。

■ 役者として共感 藤堂先生からもらった忘れられない言葉

 そのほかにも、本作からは多くの刺激を受けたという中村。その一つが、鉄男が藤堂先生(森山直太朗)からもらった、忘れられない言葉だという。

 「藤堂先生のセリフで、“誰か1人に向けて書かれた曲って、不思議と多くの人の心に刺さるもんだよな”という言葉があって。それは役者としても“本当にそうだな”と思いました。“自分をよく見せよう”などではなく、“誰かに届け”という思いで演じれば、思った以上の人に伝わるんじゃないかと思っています。その言葉は、これからも大事にしたいです」。

 新型コロナウイルスの影響で撮影休止を挟んだものの、無事に撮影が再開し、第22週では鉄男の家族のエピソードも描かれる。「撮影が休止となった影響で、全体の放送回自体は減っているのですが、そんな中で鉄男の家族を描いてくれてすごくうれしかったです」と喜びを口にする。「22週では、鉄男が自分の人生を振り返って、人の縁の大切さを噛み締める場面があります。僕にも大切に感じる縁がたくさんあるなと思いました。鉄男を通して、心に響くことがたくさんありました」と多くの宝物を手にしたようだ。

 来年、30歳という節目を迎える中村。「30代は、“誰と仕事をするのか”という人との縁を大切にして歩んでいきたい。必死に自転車を漕ぐだけですが、年齢を重ねるごとに自分のテリトリーから抜け出すことが億劫になってしまうかもしれない。でもそこを飛び越えて、いくつになっても挑戦していける人間になりたいです」と力強く語っていた。(取材・文:成田おり枝)

 連続テレビ小説『エール』はNHK総合テレビにて毎週月曜~土曜8時放送(※土曜は1週間を振り返り)。

エンタメ最新記事一覧

特集

クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介