三浦春馬さん全身全霊で五代友厚を演じた『天外者』場面写真解禁

映画
映画『天外者』
映画『天外者』場面写真 (C)2020 「五代友厚」製作委員会

 俳優の三浦春馬さんが主演を務める映画『天外者(てんがらもん)』より、激動の時代を生き抜く五代友厚や坂本龍馬らの熱い思いを切り取った新場面写真がWEB解禁された。

 本作は、薩摩藩士から明治政府役人を経て実業家となり、今日に続く商都大阪の基礎を作り上げた男・五代友厚の生涯を描く。三浦春馬さんが主人公・五代友厚を演じているほか、盟友の坂本龍馬を三浦翔平、後に三菱財閥を築く岩崎弥太郎を西川貴教、初代内閣総理大臣となる伊藤博文の若かりし頃を森永悠希がそれぞれ演じる。監督は田中光敏、脚本は小松江里子が担当する。

 江戸末期、ペリー来航に震え上がった日本の片隅で、新しい時代の到来を敏感に察知した若き2人の青年武士が全速力で駆け抜ける―。五代才助(後の友厚、三浦春馬さん)と坂本龍馬(三浦翔平)。2人はなぜか、大勢の侍に命を狙われている。日本の未来を遠くまで見据える2人の人生が、この瞬間、重なり始める。攘夷(じょうい)か、開国かー。五代は激しい内輪もめには目もくれず、世界に目を向けていた。そんな折、遊女のはる(森川葵)と出会い、「自由な夢を見たい」という思いに駆られ、誰もが夢見ることのできる国をつくるため坂本龍馬、岩崎弥太郎(西川)、伊藤博文(森永)らと志を共にする―。

 今回WEBでの解禁が初となる場面写真では、五代友厚と坂本龍馬が鬼気迫る顔で背中を合わせている様子や、岩崎弥太郎と伊藤博文が真剣な様子で話し合っている姿が切り取られている。五代と妻・豊子(蓮佛美沙子)が寄り添って字をしたためている写真からは、妻の優しさと、五代が唯一心休まる場所が豊子の隣だったことが伝わってくる。また坂本と岩崎が希望に満ちた目で前を見据える写真や、はるの力強いまなざしからは、彼らが五代の志と同様に、激動の中で希望を捨てず、夢のある未来を求めて生き抜いたことが分かる。

 映画『天外者』は12月11日より全国公開。

エンタメ最新記事一覧

特集

クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介