『エール』“池田”北村有起哉、“久志”山崎育三郎の復活を支援 「めっちゃ男前」と反響

エンタメ
『エール』第99回より
『エール』第99回より (C)NHK

 俳優の窪田正孝が主演を務めるNHK連続テレビ小説『エール』(NHK総合/月曜~土曜8時ほか)の第20週「栄冠は君に輝く」(第99回)が29日に放送され、裕一(窪田)とタッグを組む劇作家の池田(北村有起哉)が久志(山崎育三郎)のために一肌脱ぐ展開に、ネット上には「かっこいい」「やり方最高」「めっちゃ男前」などの声が集まった。

 裕一は、久志が戦後に体験した苦悩を聞き、戦時歌謡を歌わせてしまった責任を痛感する。裕一はそんな思いをラジオドラマ「鐘が鳴る丘」以来のパートナーである劇作家の池田に吐露すると、思いついたように「池田さん、説得してください!」と一言。これに池田は「はぁ!?」と驚くものの、裕一に連れられて久志の元に赴く。

 池田は久志が暮らすボロボロの部屋に「いや〜どうもどうも!」と入るなり「なんだなんだカビくさいとこだなぁエ〜!」と言い放つ。久志が「なんのご用ですか?」と尋ねると、池田は「カモりに来たんだぁ、バクチやってるって聞いたから」とまくし立てると丁半での勝負を要求。勝った池田は久志を外へ連れ出して2人で食事を共にする。

 心を閉ざす久志に対して、あえてがらっぱちな態度で接する池田の姿に、ネット上には「池田さん、かっこいい」「煽るの上手」「強引さすごいな!」といった投稿が寄せられた。

 翌日、裕一は池田に礼を伝え「昨日、結局久志とはど、どうなったん…」と言いかける。すると池田は「よし! できたぁ! “10倍にして返せ”って言っとけ」と言いながら、祐一に原稿用紙を手渡す。その原稿用紙には、池田が久志のために作詞した「夜更けの街」の歌詞が書かれている。この展開に、ネット上には「もー池田さんのやり方最高」「池田さんのようなキャラ好きだな〜」「池田二郎、めっちゃ男前」などのコメントが相次いだ。

エンタメ最新記事一覧

特集

クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介