『トータル・リコール』4Kリマスター版、かつての“金ロー”再現! 坂上みきナレの予告解禁

映画
映画『トータル・リコール』4Kデジタルリマスター版
映画『トータル・リコール』4Kデジタルリマスター版キービジュアル (C) 1990 STUDIOCANAL

 俳優アーノルド・シュワルツェネッガー主演の映画『トータル・リコール』の4Kデジタルリマスター版が11月27日より全国公開されるにあたり、かつて『金曜ロードショー』(日本テレビ系)ナビゲーターを務めた坂上みきのナレーションによる15秒予告が解禁された。

 『ブレードランナー』の原作者としても知られるフィリップ・K・ディックのSF小説『追憶売ります』を実写化した本作は、『ロボコップ』のポール・バーホーベンを監督に迎え、当時の最高額となる7000万ドルの製作費を投入して制作された。

 スクリーン一面にノンストップで映し出される真っ赤な火星での大冒険、エクストリームなバイオレンス描写、そしてシュワルツェネッガーによるスーパーアクションが人気を呼び、全米初登場No.1を獲得。その後7週にわたり1位の座を守り続け、世界各地でも大ヒットを記録した。日本では1990年12月1日公開され、まもなく30周年を迎える。

 西暦2084年、地球。しがない労働者ダグ・クエイド(シュワルツェネッガー)は、なぜか一度も行ったことのない火星に強い憧れがあり、毎日のように火星へ行く夢を見ていた。ある日、「理想の記憶を売ります」という広告に引かれ、体験したことのない記憶を販売する<リコール社>を訪れたクエイドは、<火星を救う秘密諜報員>というプログラムを試すが、突如トラブルが発生しプレイは中断。さらにその日から、自分の妻や正体不明の集団に命を狙われることに。全ての謎を解くため、クエイドは火星へと赴く。

 15秒予告では、『金曜ロードショー』のナビゲーターを1997年から2009年まで務めた坂上がナレーションを担当。テレビ放送当時の興奮を再び想起させる仕上がりとなっている。映像では、一瞬で爪の色を変えることのできる未来のネイル技術や、ホログラムを使った戦闘シーンなど、懐かしの名場面も楽しめる。

 映画『トータル・リコール』4Kデジタルリマスター版は、11月27日より全国公開。

エンタメ最新記事一覧

特集

クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介