ロン・ハワード監督が描く、家族の“愛”と“再生”の物語『ヒルビリー・エレジー』劇場公開決定

映画
【Netflix】映画『ヒルビリー・エレジー -郷愁の哀歌-』
映画『ヒルビリー・エレジー -郷愁の哀歌-』場面写真

 女優のエイミー・アダムスとグレン・クローズが出演する、ロン・ハワード監督最新作となるNetflix映画『ヒルビリー・エレジー ‐郷愁の哀歌‐』が、11月24日からの全世界独占配信に先駆けて、11月13日より劇場公開されることが決定した。

 原作は、貧しい白人労働者の家に生まれ育った弁護士J.D.ヴァンスによる回顧録「ヒルビリー・エレジー アメリカの繁栄から取り残された白人たち」。3世代それぞれの葛藤を通して、紆余曲折した家族の歴史を描く。

 キャストは、これまで6度のアカデミー賞ノミネート&2度のゴールデン・グローブ賞主演女優賞(コメディ/ミュージカル部門)受賞歴を誇る女優エイミー・アダムスと、7度のアカデミー賞ノミネート&ゴールデン・グローブ賞主演女優賞(ドラマ部門)を受賞した経歴を持つベテラン女優のグレン・クローズ。そのほか、映画『スラムドッグ$ミリオネア』のフリーダ・ピント、『砂上の法廷』ガブリエル・バッソ、『マグニフィセント・セブン』のヘイリー・ベネットらが出演する。

 名門イェール大学に通うるJ・D・ヴァンス (ガブリエル) は、理想の職に就くという夢の実現を目前にして、家族の問題により、苦い思い出のある故郷へ戻ることを強いられる。

 そんな彼を待ち受けていたのは、薬物依存症に苦しむ母親ベヴ (エイミー)との確執をはじめとする複雑な家族模様。彼を育ててくれた、快活で頭の切れる祖母マモーウ (グレン) との思い出に支えられ、ヴァンスは己の人生を歩んでいくために、消すことのできない家族の歴史を次第に受け入れ始める。

 公開された予告編は、叙情的な音楽に乗せて、子ども時代のヴァンスと母ベヴが笑顔で過ごすシーン、祖母マモーウがヴァンスに「お母さんは大丈夫だと思ってた。幸せだと。私は失敗してしまった。でも、あなたは自分で進みたい道を決めなさい」と告げる場面からスタート。続いて、母ベヴの薬物依存により家族が苦しみ、それぞれぶつかり合う様子が映し出される。

 映像の終盤では、涙を浮かべたベヴの肩に、大人になったヴァンスが優しく手を置くなど家族の絆や和解を匂わせる場面が展開し、最後は祖母マモーウが子ども時代のヴァンスに「結局大事なのは家族だとわ分かる」と語る姿で終了。家族であり続けることの難しさと素晴らしさを赤裸々に描く本作の一端を垣間見ることができる予告編となっている。

 Netflix映画『ヒルビリー・エレジー ‐郷愁の哀歌‐』は11月13日より劇場公開。11月24日より独占配信開始。

エンタメ最新記事一覧

特集

クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介