『共演NG』鈴木京香、25年前を演じる姿に「美しすぎる」と絶賛の声

エンタメ
【テレビ東京】ドラマ『共演NG』
ドラマ『共演NG』第1話場面写真 (C)「共演NG」製作委員会

 中井貴一と鈴木京香が出演するドラマ『共演NG』(テレビ東京系/毎週月曜22時)の第1話が26日に放送。劇中では、鈴木が演じる大園瞳の“25年前の姿”が登場。鈴木の演技力と美貌に、ネット上の視聴者から絶賛の声が寄せられた。

 本作は、25年前に破局した“共演NG”の大物俳優2人がダブル主演を務めることで始まるドタバタを描く“大人のラブコメ”。実力派大物俳優・遠山英二を中井が、人気女優の大園瞳を鈴木が演じる。

 弱小テレビ局・テレビ東洋の大型連続ドラマ「殺したいほど愛してる」でダブル主演することになった大物人気俳優の遠山英二(中井)と大園瞳(鈴木)。しかし2人は、25年前に英二の二股交際が原因で破局して以来の“共演NG”だった。

 世間の関心も高い奇跡の共演。ドラマの制作発表当日、2人は共演に難色を示しながらも会場へ到着。25年経っても互いへの恨みは根深く、移動の車中では相手を罵っていた英二と瞳だったが、マスコミの前で再会を果たすと「久しぶり」「25年ぶりね」と爽やかに言葉を交わしハグ。大物俳優らしい演出に、ネット上の視聴者からは「役者やわ〜」「なんだこの美しい再会シーンは…!」「それっぽい再会を演出した!!!!!」と感嘆の声が書き込まれた。

 かくして行われた制作発表だったが、PR担当の“バズらせ屋”与謝野・M・リリカ(瀧内公美)によって波乱の展開に。リリカの合図で、25年前に英二と瞳が破局した際に行われた瞳の破局会見の映像が流されてしまうと、瞳は恥ずかしさのあまり頭を抱え、英二は制作発表を中止にしたのだった。

 この展開にネット上では「公開処刑じゃん」「恐ろしい記者会見」「バズるというか炎上するよさすがに!」と反響が寄せられたほか、破局会見の映像内で25年前を再現した鈴木の演技力と美貌に「25年前演じてる鈴木京香が美しすぎる」「ガチで25年前にしか見えん」「25年前の鈴木京香感がちゃんと出てる」と称賛の声が集まった。

エンタメ最新記事一覧

特集

クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介