鷲見玲奈、フリー転身前は「転職サイトにも登録した」 独特な恋愛観も明かす

エンタメ
鷲見玲奈
鷲見玲奈  クランクイン!

 フリーアナウンサーの鷲見玲奈が25日、トーク番組『ボクらの時代』(フジテレビ系/毎週日曜7時)に出演。フリーに転身したきっかけや、自身の恋愛観について語った。

 この日、元TBSのフリーアナウンサー・宇垣美里、大学の先輩だというフジテレビアナウンサーの久代萌美と共に番組に出演した鷲見は、自身がフリーに転身した理由が、「30歳という年齢の節目」であったと告白。「フリーになるか、完全に辞めて別の仕事につくか、社内で他の部署を経験するか」の3択で迷い、転職サイトにも登録したが、何もスキルがなく受けられるものがないという現実にさらされたという。そこで、事務所から声を掛けられていたこともあり、フリーアナウンサーになることを決意したと振り返った。

 番組ではほかに「お昼ご飯を皆で食べるのスゴイ嫌」と語った鷲見は、比較的集まって食事をする同僚たちを横目に「でも私は一人でいたい」と思うことが多かったと明かす。誘われた際は「食べてきちゃいました」と言うか、「後で食べるんで大丈夫です!」と答えて回避していたと明かしている。

 そんな1人の時間を大切にする鷲見の恋愛は「押されて好きになることの方が多い」とのこと。「好きと言われればうれしくなるけど、付き合ったらグイグイ来てほしくない」「釣った魚に餌をやらない人の方が良い。好き好きって来られたくないが、内心では好きと思っていてくれる人が良い」と答えていた。彼女の独特な恋愛観に、宇垣は「それって幸せになれますか?」と驚きの表情を見せていた。

エンタメ最新記事一覧

特集

クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介