『「宇宙戦艦ヤマト」という時代 西暦2202年の選択』特報解禁 制作中の新規カットも

ゲーム・アニメ
アニメ映画『「宇宙戦艦ヤマト」という時代 西暦2202年の選択』
アニメ映画『「宇宙戦艦ヤマト」という時代 西暦2202年の選択』ティザービジュアル (C)西崎義展/宇宙戦艦ヤマト2202製作委員会

 来年1月15日より公開されるアニメ映画『「宇宙戦艦ヤマト」という時代 西暦2202年の選択』より、現在制作中の新規素材を織り交ぜた特報が解禁された。

 本作は、『宇宙戦艦ヤマト』をリメイクして2013年にテレビ放送された『宇宙戦艦ヤマト2199』シリーズと、『さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち』をモチーフに描かれた続編として2017年より全七章にて順次劇場上映され、テレビ東京系にて放送された『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』シリーズを、新たな切り口で再構成した特別総集編。

 特報は、1969年の人類月面着陸から、2042年の火星到達、2202年のガトランティス戦役に至るまで、本作が描く人類とヤマトの航海の全記録を、現在制作作業中の新規素材を織り交ぜて特別編集したもの。

 脚本を手がける皆川ゆかは、大好きだったという兄との思い出を回顧しながら、「一緒に並んで見た映画が、『宇宙戦艦ヤマト』だった。40年以上経っても覚えている。今回、脚本を書かせてもらっているときも、ときどきあのときの『兄さん』と一緒に、21世紀にリブートされたシリーズを見ている気分になった。だから、とうの昔にわたしはあのときの『兄さん』の年を越えてしまったけれど、ついいってしまうのだ。どう? やっぱりヤマトはいいよね」とコメントしている。

 数量限定の前売券(ムビチケカード)も販売中で、購入特典としてB2サイズのティザービジュアルポスターが1枚付属する(なくなり次第終了)。なお、特典のないムビチケカードの購入も可能。

 劇場公開に合わせて、親子二代にわたりヤマト音楽を創造してきた宮川彬良が、これまでの集大成として劇中で使用されたBGMを再構成した「交響組曲 宇宙戦艦ヤマト2202」も発売される。

 アニメ映画『「宇宙戦艦ヤマト」という時代 西暦2202年の選択』は、2021年1月15日より公開。Blu‐ray特別限定版、デジタルセルも同日発売。

エンタメ最新記事一覧

特集

クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介