広瀬すずの“2面性” 圧倒的な透明感&大人らしさを表現

エンタメ
雑誌「VOCE」2020年12月号
「VOCE」(講談社)2020年12月号の表紙を飾る広瀬すず(通常版)

 女優の広瀬すずが、10月22日発売の「VOCE」(講談社)12月号の表紙に1年ぶりに登場。通常版と増刊の2パターンの表紙で、圧倒的な透明感と大人らしさを表現する。

 約1年ぶり、2回目のカバー登場となる広瀬は、前回よりもさらに大人っぽくなった表情で、凛とした美しさを体現。中でも注目は、通常版表紙と増刊表紙で魅せる広瀬の“2面性”で、通常版の表紙では、透き通るような広瀬さんの透明感が最大限に際立つ白いニットをまとい、ピュアで愛らしい姿を披露。一方、増刊の表紙ではうって変わって、ダークなリップが印象的なメイクにモードな黒のワンショルダートップスを着こなし、大人の色気を放出している。

 さらにインタビューでは、進化し続ける彼女がもつ、圧倒的な透明感とポジティブなオーラの源についての秘密を探るべく、“浄化”をキーワードに、プライベートや仕事での習慣について明かしている。

 また、Kis‐My‐Ft2の人気連載「キスマイと過ごす“大人な休日ダイアリー”Sweet Moment」は、総集編として今まで掲載しきれなかったアザーカットで7人の連載を振り返る。さらにメンバーにはプチQ&Aも実施。今までの連載全ページを見ながら他メンバーの写真で一番好きなものをピックアップしたり、これからVOCEでやってみたい企画を提案するなど、隅々に個性溢れる4ページとなっている。

 そして、麗しすぎるビューティコンビとして、Kis-My-Ft2の千賀健永とタレントのMattが揃って登場。以前からビューティ友達として親交が深い2人が初めてのツーショット撮影に挑戦し、はにかみながらも、持ち前の美を最大限に発揮した輝き溢れるツーショットカットを連発し、迫力すら感じる美ショットを全4ページで届ける。

 広瀬すずが表紙を飾る「VOCE」11月号は講談社より10月22日発売。価格は通常版が690円(税込)、増刊が550円(税込)※付録は通常版のみ。

エンタメ最新記事一覧

特集

クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介