倉科カナ、40cmヘアカットの役作り「できることは何でもやります」

映画
20201018『女たち』クランクアップミニ会見
『女たち』クランクアップミニ会見に出席した倉科カナ  クランクイン!

 女優の倉科カナが18日、都内で行われた映画『女たち』のクランクアップミニ会見に篠原ゆき子、製作総指揮・奥山和由氏と共に出席。撮影中のエピソードや本作への思い入れ、ショートカットにした理由などを語った。

 本作は、内田伸輝監督が手がけたヒューマンドラマ。東京で就職氷河期を過ごし、何もかもうまくいかずにUターンし、とある山あいの小さな町で半身不随の母・美津子(高畑淳子)と2人暮らしをする40歳目前の美咲(篠原)、養蜂家の親友・香織(倉科)ら“壊れゆく女たち”の葛藤を描く。

 主演の篠原は「苦しい撮影でした…。円形脱毛症ができました」と告白。「ホテルと撮影の行き来ですごく集中できたし、ずっと一緒にいたスタッフさんは私の汚いところばっかり見ていた。醜(みにく)いところ、ワガママなところもさらした。鼻水だらけだった。それでも皆さん一緒にやってくれて、最後クランクアップできて自信になった。『人を頼っていいんだな、見せても一緒にいてくれるんだな』といい経験でした」と語った。

 美津子を怪演した高畑について「最初怖かったです。勝手に役の美津子と高畑さんをごっちゃにしながら見ていて、ろくに話ができず、目も合わせられなかった。でもラストのシーンで緊張して気負って、心が動かなくてビクビクしてたら、高畑さんが『大丈夫。待ってるわよ』と。初めて共演の方にそこまで頼らせてもらった」と信頼感を口にした。

 今回倉科は髪を約40cm切り、ショートカットで撮影に臨んだ。「台本を読んで、(香織の髪は)長いイメージがなかった。『女たち』というタイトルに反して、女であることが憎い半面もあった。髪が揺れる感じが生理的に気持ち悪く感じた。(役柄上)できるだけ、いつでも死に飛び込める感覚が欲しかったのでスッキリさせたかった。このお仕事をしていると“倉科カナ”というブランドもあるけど、女優だから、(心身ともに)役柄にどれだけ近づけるかということが大切。切ることに抵抗はなかった。役に近づけるなら、見た目でできることは何でもやります」と役者魂をのぞかせた。

 長く謹慎していた俳優・小出恵介のキャスティングに関して、奥山氏は「急でした。『現場見ていいですか?』と連絡があった。来るのはいいけど困っちゃう。『役残っていないよ』と言った。ただ(小出は)『通行人でも何でもやらせてください』」と本人が直談判したという。当初、劇中に登場する医師役に本職の人間をキャスティングしていたが「小出くんと交代してもらった。(小出は)非常に謙虚で一生懸命だった」と話した。

 映画『女たち』は来春公開予定。

エンタメ最新記事一覧

特集

クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介