『極主夫道』第2話 “龍”玉木宏、かつてのライバル“虎二郎”滝藤賢一と再会

エンタメ
【読売テレビ・日本テレビ】日曜ドラマ『極主夫道』
日曜ドラマ『極主夫道』第2話場面写真 (C)読売テレビ

 俳優の玉木宏が主演し、女優の川口春奈と俳優の志尊淳が共演する日曜ドラマ『極主夫道』(読売テレビ・日本テレビ系/毎週日曜22時30分)第2話が今夜放送。第2話では、元極道の専業主夫・龍(玉木)が、極道時代のライバル・虎二郎(滝藤賢一)と再会する。

 本作は、極道から転身した史上最強の主夫の奮闘を描く、仁義なきヒューマン任侠コメディー。玉木が伝説の元極道の主人公・龍を、川口が龍の妻でキャリアウーマンの美久を、志尊が足を洗った龍を慕っている元舎弟・雅を演じ、滝藤のほか、古川雄大、玉城ティナ、橋本じゅん、稲森いずみ、竹中直人らが共演する。監督は、ドラマ『おっさんずラブ』『浦安鉄筋家族』などの瑠東東一郎。

 龍は、かつてのライバルで“剛拳の虎”と呼ばれた伝説の極道・虎二郎と再会する。刑務所から出所した虎二郎は、所属していた組がつぶれたためクレープを売っていたが、龍が専業主夫になったことに驚き、「専業主夫? 笑かすなや!!」と挑発する。2人がにらみ合い、火花を散らす様子を見ていた雅(志尊)は、伝説の極道同士の戦いが始まると胸を高鳴らせる。

 また、天雀会も、江口(竹中)の公務執行妨害をうやむやにする代わりに組を解散することに…。江口は金策に困り、雲雀(稲森)がスーパーで働き始めるが、慣れない仕事をさせられて失敗ばかり。雲雀はすっかり自信を失ってしまう。

 そんな中、ダイエットのために運動を始めた龍。火竜町婦人会の会長・田中の誘いでフィットネスクラブに体験入会すると、そこで隣町の水竜町婦人会の会長・山本を紹介される。

 龍は田中に頼まれて、火竜町と水竜町が参加する食イベントで今川焼の店を手伝うことに。火竜町婦人会は今川焼の店、水竜町婦人会はたい焼きの店を出す予定だった。山本は田中に出店の場所を交換してほしいと持ち掛けるが、出店の場所は売上に影響するため、田中は山本の申し出を断る。

 その後、火竜町婦人会が出店の準備を進めていると、水竜町婦人会の嫌がらせと思われるトラブルが発生。仲良くやっていた火竜町婦人会と水竜町婦人会の間に、不穏な空気が流れる。龍も、この婦人会同士の争いに巻き込まれ…。

 ドラマ『極主夫道』第2話は、読売テレビ・日本テレビ系にて10月18日22時30分放送。

エンタメ最新記事一覧

特集

クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介