三田寛子が映画ナレーションに初挑戦 『ヒトラーに盗られたうさぎ』予告公開

映画
映画『ヒトラーに盗られたうさぎ』
映画『ヒトラーに盗られたうさぎ』予告編ナレーションは三田寛子に決定 (C)2019,Sommerhaus Filmproduktion GmbH,La Siala Entertainment GmbH,NextFilm Filmproduktion GmbH & Co.KG,Warner Bros.Entertainment GmbH

 映画『名もなきアフリカの地で』(2001)で第75回アカデミー賞外国語映画賞を受賞したカロリーヌ・リンク監督最新作『ヒトラーに盗られたうさぎ』の予告編が公開され、女優でタレントの三田寛子がナレーションを務めることがわかった。三田が映画予告のナレーションを担当するのは、本作が初となる。

 原作は「おちゃのじかんにきたとら」などで知られる世界的絵本作家のジュディス・カーが、自身の少女時代の体験をもとに書いた自伝的小説「ヒトラーにぬすまれたももいろうさぎ」。1933年、ヒトラーの台頭によってナチスが政権を握る直前、その迫害から逃れるために家族とともに故郷ドイツを出国、スイス、フランスを経て1936年にイギリスへと渡った自身の少女時代の過酷な逃亡生活の体験がつづられている。

 本作は、その体験をもとに、主人公の9歳の少女アンナが、貧困や差別などの困難を乗り越えながら家族との絆を深めていく姿を描く。アンナ役は、1000人ものスカウトの中から見出された新人のリーヴァ・クリマロフスキ。どんなに過酷な状況でも、まっすぐに前を向く少女を瑞々しく演じきった。

 父親役に『帰ってきたヒトラー』のオリヴァー・マスッチ、母親役には『ブレードランナー 2049』のカーラ・ジュリがふんする。アンナとその家族を常に気に掛ける心優しいユリウスおじさんは『お名前はアドルフ?』のユストゥス・フォン・ドホナーニ、アンナの兄マックスは『はじめてのおもてなし』のマリヌス・ホーマン。

 本予告映像は、ヒトラーの権力が強まりつつある第二次世界大戦前のドイツで、無邪気にその物真似をしていたころのアンナの姿からスタート。「ユダヤ人との闘いとはすなわち排除だ!」とまるで他人事のように振る舞う妹に対して、兄マックスは「僕らはユダヤ人だろ?」と呆れながらたしなめる。そんなある日、母親から「ヒトラーが選挙で勝ったら弾圧が始まる」と告げられる2人。ナチスの脅威から逃れるため、アンナは大切にしていた“ももいろうさぎのぬいぐるみ”を家に置き、わずかな荷物だけをもって家族とともに逃げる様にドイツから出国することに。

 これまでの恵まれていた生活から一転して生活は困窮、しかも国を渡るたび、言葉も友達もすべてゼロからスタートするというつらい生活を送る中、“明るい絵”を描けなくなってしまったアンナ。映像の後半では、そんなアンナが優しい父の言葉や家族の愛情に後押しされ「なくしたって平気」「新しいものを見つけるから」と言えるほど強くたくましく成長していく姿が映し出されている。

 本作で映画の予告のナレーションに初挑戦した三田。実際に3児の母親として奮闘した経験を持つ三田は、「その姿がどんなにつらい環境でも強く、同時に優しさも忘れず生き抜こうとするアンナや家族の姿を感じさせる」という理由から今回の起用につながった。本作について「母親の明るく強く家族を支える姿と、平和な日常の暮らしが奪われても、例えゼロからの出発になろうとも、希望を持ち続け、無くしても再び見つけ出せると信じる事の大切さを、10歳の少女が時代を超えて教えてくれました」とコメントを寄せている。

 映画『ヒトラーに盗られたうさぎ』は11月より全国順次公開。

エンタメ最新記事一覧

特集

クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介