乃木坂46・中田花奈、初のソロ写真集 オファー当時には迷いもあった

エンタメ
20201010乃木坂46・中田花奈インタビュー
乃木坂46・中田花奈  クランクイン!

 8月に結成10年目へ突入したアイドルグループ・乃木坂46の1期生として活躍、7月に年内でのグループ卒業を発表した中田花奈が1stソロ写真集『好きなことだけをしていたい』(光文社)を発売する。彼女にとっては念願であり、集大成になりうる一冊。26歳の彼女の今が収められているが、当初は自分が写真集を出すことによって「乃木坂46が売れなくなったと思われたらどうしよう」と、不安も感じていたという。

■オファー当時には迷いの気持ちもあった

 7月10日、お笑いコンビ、アルコ&ピースと共に約4年半にわたり出演しているラジオ番組『沈黙の金曜日』(FM FUJI/毎週金曜21時)で、中田はグループからの卒業を発表した。今回の写真集についてオファーがあったのは2019年の末。当時すでに卒業の意思を固めていたという彼女の心には、迷いもあった。

 「一番初めに写真集のお話をいただいた当時は、発表はしていなくても卒業を決めていたので正直『どうしよう』と思いました。卒業後に芸能活動を続けるかどうかも悩んでいたし、当時は少なくとも続けない方向で考えていたので、次につながることもなく、思い出になるだけなら本意ではないと考えていたんです。

 でも、今年に入ってからもう少し芸能界にいようと考えられるようになって。ファンの方から『写真集が見たい』という声もあったから、その気持ちにも応えたかったし、なかなかいただけるお話でもないので、時間はかかりましたが、ようやくやってみようと決断できました」。

 中田と同期で10月28日にグループを卒業する白石麻衣が2017年2月に出版した2ndソロ写真集『パスポート』。今年3月の時点で31度目の重版となり累計発行部数50万部を突破するなど、乃木坂46のメンバーによるソロ写真集は、相次いでベストセラーになっている。

 そのうちの一冊として、自分の写真集がラインナップへ加わることに対しても、彼女なりの不安があった。

 「正直、私の写真集により“乃木坂46の写真集が売れなくなったと思われたらどうしよう”とも考えていました。グループを知らない人から見てもタイトルには『乃木坂46の』と付くし、それが不安だったというか。これまでの活動でも、メンバーに対する相対評価が難しいと思うことも多く、だいぶ悩まされていたので、その線上に立つのも怖いと思っていました」。

 さらに、その発言の先ににじんでいたのは、楽曲ごとに振り分けられる「選抜メンバー」と「アンダーメンバー」という、乃木坂46の“選抜制”に対する彼女なりの思いだった。

 「私は、ずっと選抜メンバーに入りたいと思ってきたし、音楽番組へ出て楽曲のパフォーマンスへ参加したい気持ちも強かったんです。でも、基本的にはアンダーメンバーとして活動をする日々が続き、満足に選抜入りできていなかったことをずっと引きずっていたので、ファンの皆さんからの評価も気にしていて。だから、周りの方から『写真集を出したいと思っていますか?』と聞かれることもあったけど、そのたびに、不安だなと考えていました」。

■初挑戦のランジェリーカットは「一番いい表情」

 胸中ではさまざまな葛藤を覚えつつ、決断した初のソロ写真集。8月末頃に行われた撮影へ向けては、わずか1ヵ月ほどで準備を進めていった。

 「初め、撮影はもっと先の時期だと聞いていたけど、正式に決まってからは割とすぐでした。だから、準備するにも時間がなかったので、まずは『やせてみよう』と思ったんです。ほかのメンバーもそうしていたし、その方がいいかなと考えたので、食事制限をして体を絞ってみました。

 でも、少し体重を落としてみたら自分なりに納得できなくて。毎日のように鏡で自分のスタイルを見ていたんですけど、写真集を意識して改めて見たら色気がないし『太った方がいい』と思って。そこからはとにかく食べて、ムチムチ感も欲しくなったので筋トレもやめました」。

 メンバーもうらやむほどのスタイルには、かねてより定評があった中田。今回の撮影にあたっては、スタッフに水着やランジェリーカットの割合を増やしたいと、自ら提案していた。

 「スタイルに自信があったのはけっこう昔で、当時と比べれば体重も落ちてしまったから正直『期待されているほどでも…』という気持ちもありました(笑)。でも、メンバーからよく二の腕を触られたりするから、肌質はいいのかなと思って。例えば、通常版の表紙では、ワンピースを着ながらもあえて背中を強調してみたり、見せ方についてはこだわりました。

 ランジェリーカットも初挑戦ではあったけど、緊張しなかったです。そもそも乃木坂46は写真集以外で水着やランジェリーでの撮影をしないので、ようやく撮影できたのがうれしくて。自分なりに憧れていたカットでもあったので、一番いい表情になっていると思います」。

 自分だけの一冊では「いろいろな表情を作らなければいけない」と意気込み、撮影に臨んでいた中田。全編を通して見ても、自然体でほほ笑みながら愛嬌を振りまく姿や、26歳になった今だからこそできる大人っぽい表情など、さまざまな工夫を見せている。中でも気に入っているのは、スタッフへ自ら私服を着用しようと提案して撮影したカットだという。

 「肌の上にそのまま、白いオールインワンを着たカットは、衣装を決める際にイメージに沿う衣装がなかったので、自宅から私服を持ち込み『これならイメージ通りに撮れそうですけど、どうでしょうか?』とスタッフさんに相談しました。

 普段はインナーの上に重ねて着る洋服なんですけど、あえてそれだけを使えば大胆な姿を見せられると思って、撮影中もノリノリでした(笑)。写真集の数あるページの中でも一番セクシーなカットだという自信もあるし、購入していただいた方には真っ先に見てほしいなと思います」。(取材・文:カネコシュウヘイ 写真:曽我美芽)

 乃木坂46・中田花奈1stソロ写真集『好きなことだけをしていたい』(光文社)は、10月13日に発売。定価2000円(税別)。

エンタメ最新記事一覧

特集

クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介