野村周平、正義とは“優しさ”「視点が変われば意味合いも変わる」

エンタメ
ドラマ『DIVER‐特殊潜入班‐』野村周平インタビュー 色味
野村周平  クランクイン!

 現在放送中のドラマ『DIVER-特殊潜入班-』(カンテレ・フジテレビ系/毎週火曜21時)で、福士蒼汰演じる黒沢兵悟が所属する潜入捜査官チーム“D班”のメンバー佐根村将役で出演している野村周平。作品では、さまざまな視点から“正義”についての解釈が描かれるが、野村にとっての正義とはどういったものなのだろうか――。

■再共演の福士蒼汰は「昔から変わらない」

 「グランドジャンプ」(集英社)に連載されていた大沢俊太郎による人気漫画『DIVER‐組対潜入班‐』をドラマ化した本作。警察内で秘密裏に結成されたD班が、さまざまな犯罪組織に潜入して情報や犯罪の証拠をつかむため、悪に近づき、悪に手を染めながらも、自身の正義で犯罪者に立ち向かっていく。

 野村演じる佐根村は、元海上自衛隊員で、エリートコースを歩んでいたが、ある真相を追求するためにD班に入った謎多き人物。同じくD班に所属する、悪を駆逐するためには手段を選ばない兵悟とは、意見が合わないことも多く、ことあるごとに対立する。

 福士とは過去に映画『江ノ島プリズム』(2013)やドラマ『恋仲』(2015)で共演経験がある野村だが「昔から変わらないですね。当時から大人の対応ができる方でしたが、ブレずに変わらないってすごいです」と称賛を送る。第2話で、福士と殴る蹴るの激しいバトルシーンがあったが、「身長差があるので、かなりやりづらかったです。届かない上に大きく見せなければいけなかったので」と苦戦した模様だが、野村自身、アクションシーンためにフィジカルを整える準備をしていたという。

 「この作品の話を頂いてから、2ヵ月ぐらいかけて体重を落として筋肉をつけました。格闘技とかもやったりしました」。この言葉通り、画面に映る野村は、これまで以上にたくましく感じる。

■1年間のNY留学を経て、今後も海外に「ぜひトライしたい」

 本作の撮影はコロナ禍の神戸を中心に、すべて関西で行われた。「これまでとはすべてが違うので、正直やりづらいですよね。毎日検温したり、マスクしたり、密を避けたり…。つらい現場なら『力を合わせて頑張ろう』って言えるけれど、こればっかりはどうにもならないですからね。耐えるしかない、慣れるしかないって感じですね」と苦笑い。

 それでも野村の出身地である神戸での撮影は「『ここで遊んだな』とか思いながら撮影していたので、懐かしさはありました。実家に近かったのもうれしかったですね」と振り返る。

 また野村にとって本作は、1年間のニューヨークへの留学から戻ってきた最初の撮影となった。「海外に行ったのは、違う文化の場所に住んでみたかったから。ニューヨークは自由な空気で他人のことはあまり気にしない。自分には合っていると思いますが、日本には日本の良さがあるので、どっちが良いというわけではないです」。

 20代後半に差しかった野村だが、やりたいことはたくさんあるという。「自分でやりたいと思ったことは、周囲に相談してやっています」と語った野村。海外についても「行けるチャンスがあるのならぜひトライしたい」と意欲を見せる。

■正義とは“優しさ”「視点が変われば意味合いも変わる」

 ドラマでは、犯罪者逮捕のために清濁入り混じった“正義”が描かれている。野村自身も「悪のような正義もあれば、正義のような悪もある」と作品の見どころを語る。

 そんな野村にとっての正義とは――。「やっぱり優しさだと思います」と即答する。続けて野村は「人に優しくされて嫌な気持ちになる人っていないじゃないですか。やっぱり優しさは正義だと思うんです」と持論を展開する。

 それでも「正義と言っても、視点が変われば意味合いも変わる」と述べると「例えばウルトラマンや仮面ライダーって正義の象徴のように見られますが、倒される相手からしたら、ウルトラマンや仮面ライダーって自分たちの正義の邪魔をする敵なんですよね」と野村ならではの視点を提示してくれた。(取材・文:磯部正和 写真:松林満美)

 ドラマ『DIVER-特殊潜入班-』は、カンテレ・フジテレビ系にて毎週火曜21時放送。

エンタメ最新記事一覧

特集

クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介