山口紗弥加、マッチングアプリにハマる38歳バツイチ女に 主演ドラマ秋放送

エンタメ
【テレビ東京】ドラマパラビ『38歳バツイチ独身女がマッチングアプリをやってみた結果日記』
ドラマパラビ『38歳バツイチ独身女がマッチングアプリをやってみた結果日記』主演を務める山口紗弥加 (C)「38歳バツイチ独身女がマッチングアプリをやってみた結果日記」製作委員会

 女優の山口紗弥加が主演を務めるドラマ『38歳バツイチ独身女がマッチングアプリをやってみた結果日記』が、テレビ東京にて今秋、毎週水曜24時58分に放送されることが決まった。

 本作は、2019年開催されたテレビ東京、note、幻冬舎による「コミックエッセイ大賞」に入賞し、10月に書籍化されることも決定している松本千秋による入賞作品をドラマ化。主演の山口、脚本の舘そらみ、監督の酒井麻衣など、主演、原作、脚本、監督、プロデューサーを全て女性が務め、現代を生き抜く女性たちへの応援歌となるようなラブコメドラマを紡ぐ。
 
 山口が演じるのは、24歳で結婚し35歳で離婚した、現在38歳のバツイチ独身女・松本チアキ。早期の結婚で失われてしまった青春を取り戻すべくマッチングアプリを始めるが、好奇心からいろんなタイプの男性に出会い、新たな自分を発見するアラフォー女性を演じる。

 主演の山口は役どころについて「年齢的にも、青春を取り戻したいという正直な欲望にも、共感を覚えます。チアキにとっての四つ葉のクローバーを何とか一緒に見つけたい。そんな気持ちです」と説明。

 また、「私にとっての38歳はまさしく人生の岐路でした。『まだ、30代。』と言い聞かせながら40歳へのカウントダウンを始めるような、気付けばどこかに“焦り”が潜んでいたような…」と振り返り、「チアキもそんな時間の中で必死にもがいているのだと思います。もちろん私も同じです。必死で38歳のカラダを作りました。あらゆる意味で『挑戦』です」と意気込みを語っている。

 原作者の松本は「38歳の春から始めた某マッチングアプリで、私は色んな初体験をしました。世間的常識を取っ払って飛び込んだその世界は、時に危険で怪しく、ロマンチックで官能的でもありました。この経験を物語として描き始めた当初から、この作品は絶対に映像化を狙っていきたい、という気持ちを込めていました。コミックエッセイ大賞に応募したのも、テレビ東京さんに届いて欲しい一心からでした。この思い、キャッチして頂けてめちゃくちゃ幸せです」とコメントしている。

 チアキを取り巻く女性たちや、毎話出てくるイケメン男子を演じる男性ゲストは今後発表される。

 ドラマパラビ『38 歳バツイチ独身女がマッチングアプリをやってみた結果日記』は、テレビ東京にて今秋、毎週水曜24時58分放送。

エンタメ最新記事一覧

特集

クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介