『バイオハザード』NetflixでフルCGアニメの連続ドラマ制作 ティザーPV公開

ゲーム・アニメ
Netflixオリジナルアニメシリーズ『バイオハザード:インフィニット ダークネス』
Netflixオリジナルアニメシリーズ『バイオハザード:インフィニット ダークネス』2021年独占配信

 全世界でシリーズ累計出荷本数1億本以上を超えるサバイバルホラーゲームの金字塔『バイオハザード』が、フル3DCGアニメーションによるシリーズ初の連続CGドラマを制作することが決定。Netflixにて2021年に全世界独占配信される。同時にティザーPVも公開された。

 『バイオハザード』シリーズは、1996年に1作目がPlayStationで発売。武器やアイテムを駆使し、絶望的な状況から生還していくという“恐怖”をゲームで見事に再現し、「サバイバルホラー」という新しいゲームジャンルを開拓した。家庭用ゲーム機や携帯アプリなどで140作品以上もの商品展開がされているカプコンの人気コンテンツで、発売25周年を迎える2021年には、ゲーム最新作『バイオハザード ヴィレッジ』の発売を控える。

 そして今回、2017年公開のフルCGアニメーション映画『バイオハザード:ヴェンデッタ』から3年の時を経て、更なる進化をとげたフル3DCGアニメーションの映像作品が動き出す。

 シリーズ最新作のタイトルは『BIOHAZARD:Infinite Darkness』(※読み『バイオハザード:インフィニット ダークネス』)。製作・原作監修には、数々の『バイオハザード』シリーズを世に送り出したカプコンの小林裕幸プロデューサーが参加。制作プロデュースは『名探偵コナン』や『弱虫ペダル』で知られるトムス・エンタテインメント。フル3DCGアニメーション制作を『バイオハザード:ヴェンデッタ』で制作プロデューサーを務めた宮本佳率いるQuebicoが担当する。

 本作は、人気キャラクターのレオン・S・ケネディとクレア・レッドフィールドの2人を軸に物語が展開し、アクション、サスペンスといったさまざまな要素が絡み合う新たな『バイオハザード』の世界が描かれる。

 ティザービジュアルは、数々の死線をくぐり抜けてきたレオンとクレアが血染めの壁を背に、新たな脅威に立ち向かう静かな決意の姿を描いたもの。

 同時に公開されたティザーPVでは、闇夜に佇む廃屋に足を踏み入れ“なにか”を発見してしまうクレアや、暗闇で“誰か”を助けるレオンの雄姿が映し出される。果たして今度の敵は誰なのか。サブタイトル『Infinite Darkness』の指す意味とは。新たな恐怖の幕開けに期待が高まる。

 Netflixオリジナルアニメシリーズ『バイオハザード:インフィニット ダークネス』は、2021年より全世界独占配信。

エンタメ最新記事一覧

特集

クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介