『エール』“藤堂先生”森山直太朗、再登場も出征にネット涙「辛すぎる」

エンタメ
『エール』第74回より
『エール』第74回より (C)NHK

 俳優の窪田正孝が主演を務めるNHK連続テレビ小説『エール』(NHK総合/月曜~土曜8時ほか)の第15週「先生のうた」(第74回)が24日に放送され、裕一(窪田)たちの恩師でもある藤堂(森山直太朗)が家族を残して出征するという展開に、ネット上には「辛すぎる」「号泣した」などの声が集まった。

 陸軍馬政課製作の映画『暁に祈る』の主題歌作りが難航している裕一と鉄男(中村蒼)。歌詞を書くきっかけをつかもうと、裕一は鉄男を連れて福島に帰ることに。なぜかすでに裕一の実家に来ていた久志(山崎育三郎)も交えた3人は、小学校時代の恩師・藤堂と再会する。

 裕一は藤堂の妻・昌子(堀内敬子)から、藤堂が予備役将校であることと出征を控えていることを知らされる。一方の鉄男は戦意高揚のための歌詞が書けないことを藤堂に相談。藤堂は鉄男に「誰か1人に向けて書かれた曲って、不思議と多くの人の心に刺さるもんだよな」と語りかけると「今度は俺のことを思って書いてみてくれないか?」と話す。

 そして藤堂は自身が出征することを鉄男に打ち明けると「歌って心の支えになるだろ?」とつぶやき「もし村野と小山が作った曲と共に行けたら、こんなに心強いことはない」と語る。

 藤堂再登場も戦地へ向かうという展開に、ネット上には「ああー藤堂先生…そうか、とうとう…」「先生切ねえな…切ねえよ…」「辛すぎる展開」といったコメントが殺到。さらに藤堂が鉄男に語りかけた言葉についても「この展開には泣く」「朝から涙が…」「号泣したわ」などの反響が相次いだ。

エンタメ最新記事一覧

特集

クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介