唐沢寿明、銃を構え緊迫感あふれる表情 『24 JAPAN』ポスター完成

エンタメ
【テレビ朝日】テレビ朝日開局60周年記念連続ドラマ『24 JAPAN』
ドラマ『24 JAPAN』ポスタービジュアル (C)2020 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved.

 人気海外ドラマ『24‐TWENTY FOUR‐』のリメイク版となる、10月9日スタートの唐沢寿明主演ドラマ『24 JAPAN』(テレビ朝日系/毎週金曜23時15分)より、ポスタービジュアルが完成し公開された。

 アメリカ連邦機関CTU(テロ対策ユニット)の捜査官ジャック・バウアー(キーファー・サザーランド)が凶悪なテロ事件と戦う姿を描いた世界的大ヒットシリーズ『24‐TWENTY FOUR‐』。初の日本版リメイク『24 JAPAN』では、オリジナル版のシーズン1をベースに、“日本初の女性総理”誕生への期待が高まる総選挙当日の24時間を克明に描写。唐沢が日本版ジャック・バウアー=獅堂現馬を、仲間由紀恵が日本初の女性総理候補・朝倉麗を演じる。

 完成したポスターは、東京の夜景の中、緊迫感あふれる表情で拳銃を構える現馬(唐沢)と、りんとした佇まいの麗(仲間)をメインに配置し、その下に共演するキャストが並んだデザイン。主要キャラクターたちの意味深な表情が印象的なビジュアルとなっている。

 また今回、劇中ではほとんど同じシーンがないものの、共にオリジナル版の『24』のファンだという唐沢と仲間のコメントが到着。

 作品の見どころについて、唐沢は「この物語には暗殺計画など大きな事件もありますが、実はもうひとつ“家族”がドラマの大きなキーになるんです。というのも実は、獅堂現馬にも朝倉麗さんにも、そして暗殺計画に絡むテロリストにも家族の物語が絡んでいるんです。そこに対して、登場人物たちがどう対処していくのか…。これが見どころのひとつでもありますし、そういう視点からご覧になっても面白いと思います」とアピールした。

 さらに仲間に対して唐沢は「仲間さんが演じる総理候補は、母でもあるじゃないですか。強い部分ばかりでなく、子どもや家族を思う気持ちも同時に表現することは、なかなか難しいと思うんですけど、仲間さんなら間違いないと思いました」と演技力に太鼓判。

 その言葉を受けた仲間は「唐沢さんは以前初めてご一緒させていただいたドラマでも、役にとても誠実に取り組み、大人の余裕と落ち着きをもってドッシリとした作品づくりをされていたので、とても素敵だなと思ったんです。ですから、今回も唐沢さんの持つ“良い緊張感”の中でストーリーが進むことがイメージできましたし、私もそんな唐沢さんに絶大な信頼を寄せながら、頑張ろうと思いました」と明かした。

 続けて、お気に入りのシーンを聞かれた仲間は「私はCTUを抜け出す獅堂さんのシーンが好きなんです。獅堂さんはひとりで大きな問題を抱え、それを解決するために出ていくのですが、そういう“新しく起こる問題や事件に対応していく姿”がカッコいいと思いますし、映像で見るのを今から楽しみにしています」と期待を寄せた。

 ドラマ『24 JAPAN』は、テレビ朝日系にて10月9日より毎週金曜23時15分放送(全24話)。

エンタメ最新記事一覧

特集

クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介