小芝風花、TBSドラマ初主演 エリート男性社員として働く社会派ラブコメディ

エンタメ
TBS系ドラマ『書類を男にしただけで』で主演を務める小芝風花
TBS系ドラマ『書類を男にしただけで』で主演を務める小芝風花  (C)TBS

 女優の小芝風花が10月11日放送のドラマ『書類を男にしただけで』(TBS系)で同局のドラマ初主演を務めることがわかった。

 本作は、「男に生まれてみたかった」「こんな時男だったら・・・?」と、女性の日常に散りばめられた理不尽さや悔しさを痛快に描く社会派ラブコメディ。小芝は、転職活動でうっかり、たまたま男として採用試験を突破し大企業にエリートとして入社することになった主人公の女性・箕輪祐希を演じる。

 祐希はセクハラ上司を背負い投げしたことが原因で前職をクビになり、転職活動中。だが、気の強すぎる性格が災いしてか、転職活動は連戦連敗。おまけに彼氏にもフラれ、踏んだり蹴ったり。そんな中、最終選考まで通過した一社…それは広告業界最大手の一つ「インサイトエージェンシー」だった。

 祐希は気を引き締めて「インサイトエージェンシー」の最終選考でもある健康診断に行くのだが、そこで自分の性別が男として登録されていることが発覚。健康診断を担当する医師に「ここで女だって言ったら落とされるよ」と追い詰められ、祐希の頭の中には“女として失敗し続けた過去”が走馬灯のように駆け巡り…。

 祐希は「男で天下取ってやる!」と、性別を偽り男として働くことを決意。男として入社し、女性であることがバレないように奮闘しつつ仕事を頑張る。しかし、同僚の男性に恋をしてしまう。

 TBSドラマ初主演となる小芝は、転職先の大企業で若手エースとして奮闘する祐希を男装しながら演じることに対し「今回のお話をいただいた時に、男性として会社で働くという役柄を聞いて驚きと不安があったのですが、台本がすごく面白くて、女性だったら共感してくださる方も多いのではないかなと思いました」とコメント。「ちゃんと男性に見えるようにメイクさんや衣装さんはじめたくさんの方のお力を借りて、肩パットを入れてみたり、インヒールを入れたり工夫してみたので、男性に見えていたらうれしいです(笑)」と意気込みを見せていた。

 また、「女性には共感していただける部分が多くあると思いますし、男性も見ていただくと「あ、女性ってこんなところを気にしてるんだ」など発見がある作品になっていると思います」と、男女関係なく楽しんでほしいと作品をアピールしている。

 ドラマ『書類を男にしただけで』は10月11日14時から14時54分放送(※一部地域をのぞく)

エンタメ最新記事一覧

特集

クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介