眞栄田郷敦、清水尋也ら『東京リベンジャーズ』追加キャスト発表

映画
実写映画『東京リベンジャーズ』
実写映画『東京リベンジャーズ』(左から)三ツ谷隆役の眞栄田郷敦、半間修二役の清水尋也 (C)和久井健/講談社 (C)2020 映画「東京リベンジャーズ」製作委員会

 俳優の北村匠海が主演を務める映画『東京リベンジャーズ』の追加キャストとして、眞栄田郷敦、清水尋也ら追加キャストの出演が発表された。

 和久井健による漫画『東京卍リベンジャーズ』(講談社「週刊少年マガジン」連載中)を実写化する本作は、人生にリベンジするため、過去に戻るたびに成長を遂げていく主人公タケミチの姿や、共に力を合わせ困難に立ち向かう仲間たちとの絆を描く。

 主人公・花垣武道(北村)はボロアパートに住み、バイト先では年下の店長からバカ扱いされるダメフリーター。ある日、ヤンキーだった学生時代に付き合っていた橘ヒナタとその弟・ナオトが、関東最凶の組織“東京卍曾”に殺されたことをニュースで知る。翌日、駅のホームにいたタケミチは何者かに背中を押され、線路に転落。死を覚悟した瞬間、不良学生だった10年前にタイムスリップしてしまった。

 過去でタケミチがナオトに未来の出来事を伝えると未来が変化。現代に戻ったタケミチは、死を避けて刑事になったナオトに「10年前に戻り、東京卍曾を潰せばヒナタを助けられる」と言われる。タイムリープする方法は、現代あるいは過去にいるナオトと握手すること。ヒナタを救うため、逃げ続けた人生を変えるため、タケミチが東京卍曾に挑む。

 今回発表された追加キャストは4人。主人公タケミチたちの頼れる存在である東京卍會の弐番隊隊長・三ツ谷隆役に眞栄田郷敦。東京卍會に対し稀咲と共に暗躍する謎の不良・半間修二役に清水尋也。タケミチたちと共に闘う通称パーちんこと林田春樹役に堀家一希、さらに東京卍會を狙う極悪非道の愛美愛主の総長・長内信高役を湊祥希が演じる。

 三ツ谷隆役の眞栄田は「人気があってとことん面白い原作故にプレッシャーは大きいですが、個人的に大好きな三ツ谷を演じられることにすごく興奮してます。漫画の魅力と実写の魅力のバランスをしっかりとりつつ、三ツ谷の性格はもちろん、髪型や服装、佇まいなどの見た目の説得力も大事にして演じていきたいです」と意気込む。

 半間修二役の清水は「お話を頂いた時、ニヤケました。単行本はもちろんマガジンでの連載も追っている大好きな作品に出させて頂けること、嬉しく思います。魅力的なキャラ達の中でもお気に入りの半間を演じる事が出来て幸せです。ここまでワルな役は初めての挑戦です。そして、今回人生初の特攻服も着ます。外見もガッツリ寄せて、狂っていきますので。半間修二、宜しくお願いします」とコメントしている。

 映画『東京リベンジャーズ』は2021年全国公開。

エンタメ最新記事一覧

特集

クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介