有村架純、ドラマ・CMで光る“潔癖さ”“頑なさ”“無防備”さが同居する魅力

エンタメ
「日本ジュエリー ベストドレッサー賞」表彰式で、輝く美しさを見せた有村架純
有村架純  クランクイン!

 【人物コラム/田幸和歌子】NHK連続テレビ小説『ひよっこ』の脚本家・岡田惠和との6度目のタッグとなる連続ドラマ『姉ちゃんの恋人』(カンテレ・フジテレビ系/毎週火曜21時)が10月27日から放送されることが発表された有村架純。

 今回演じるのは、両親を事故で亡くし、大学進学を断念した後、ホームセンターで働きながら女手ひとつで弟3人を養う“肝っ玉姉ちゃん”だという。素朴かつ真面目で責任感の強そうな人物像を設定するあたり、「さすが岡田惠和は有村架純を、そして世間が有村架純に求めるものをよく分かっているな」と謎の上から目線で感心してしまった。

 『ひよっこ』でも、失踪した父を探すため、家計を支えるために「出稼ぎ」で上京した長女・みね子を演じていた。今回演じる役柄は「突っ走り姉御キャラ」だそうで、みね子よりも感情の起伏が激しく、エネルギッシュであることが予想される。それにしても有村には、なぜこんなにも「家族」だとか「故郷」だとか、温かくも重たい存在が似合うのだろうか。

■アラサーが漂わせる「未成熟感」の意味

 そんな有村架純の魅力が今、最大限に引き出されている一つが、「JA共済」のテレビCMでもある(JA共済からは1円ももらっていないので、宣伝ではない。念のため)。浜辺美波と萩原利久がファミレスらしき場所で、こんなやりとりをしている。

「俺がついてる先輩がさぁ、もうド天然でさぁ」
「うちの姉よりもヤバい(笑)」

 そこへ登場するのが、奇しくも二人が話題にしていた、まさかの同一人物 “天然”有村架純で、妹と後輩が一緒にいることに目を丸くする。そして、慌てて立ち上がり、姿勢を正す萩原と、ニヤける浜辺の様子を見ながら、「何を言ってたの?」と萩原に詰問する。

 また、別のバージョンでは、資料を見ながら「どういえば伝わるかなぁ」とつぶやく有村が、萩原に「若者の気持ちになってみましょうよ」とサラリと失言され、「えっ? 私まだ若者なんだけど? だよね??」とムッとし、プレゼン相手の前で自他を指しつつ何度も「若い?」「若い」を呟きながら確認するシーンが描かれている。

 他にも数種あるこれら一連のCMシリーズの恐ろしさは、現在、若手美人女優のトップクラスである浜辺美波・20歳を差し置いて、有村架純・27歳が全部もっていってしまうこと。

 そこにはアラサーに差し掛かっているにもかかわらず、どこまでもつきまとう有村架純の「少女っぽい」魅力が影響していると思う。おそらく有村本人が天然というわけではないのだろうが、有村架純という女優が醸し出す「未成熟感」と「真面目さ」「頑なさ」とが、どうにも人の視線を引き付けてしまうのだ。

■潔癖さ、頑なさ、無防備さが同居する魅力

 こうした有村の少女っぽさが光っていたのは、『中学聖日記』(TBS系)だ。有村が演じた教員の末永聖は、教え子たちに「聖ちゃん」と“ちゃん呼び”されてナメられつつも、本人はしっかり大人として、担任として、生徒たちのことをかわいいと思っているし、教師という仕事や授業にやりがいや生きがいを感じていた。

 そのあたりの本人の自覚・認識と、相手の受け止め方のズレはおそらく、中学生と教師という、普通ならありえない恋を成立させてしまう条件の一つになっていたのだろう。これは先述のCMに見る有村の愛らしさとも共通してくる。

 だからこそ、教え子である中学生・黒岩(岡田健史)に本気で告白され、大人ぶった調子で「ありがとう」と返したにもかかわらず、教え子である中学生との恋にどんどんのめり込んでいってしまう。例えば、思春期男子である黒岩に対して、大人の上から目線で「綺麗な顔してるね」などと、生徒の容姿を“評価”してしまう、教師としてありえない素直さや無邪気さ。ケガをした男子生徒を、処置のためとはいえ、夜に自宅に入れてしまうような無防備さ。どれもこれも、自ら蒔いた種ばかりである。

 しかし、客観的に見れば、誰もが分かりそうな二択の明らかに間違いのほうの道をことごとく選んでいく、計算のない聖ちゃんは、ある種の「先生」っぽい。有村は一見、親しみやすく優しく愛らしい童顔・タヌキ顔だ。しかし、ギュッと結ばれた小さな口元には、潔癖さや硬さ、真面目さ、ある種の頑なさが漂う。柔らかさと素直さ、無防備さと、頑なさや潔癖さが同居しているために、スキだらけに見えて、ひとたび近づこうとすると完全に扉を閉ざして拒絶されそうでもある。これはまさしく未成熟な少女的魅力だろう。

 思えば、気鋭の監督・脚本家たちが描く、WOWOWの『有村架純の撮休』は、そうした「有村架純」に抱くさまざまな人の思いを、形を変えながら具現化したものでもあった。ところで、以前、有村を一度だけ取材させていただいたことがあったのだが、どこか森の小動物のような警戒心を全身から漂わせながらも、物静かで丁寧で、しかし、きっちり正確なディテールを盛り込みつつ明確な論旨で語る姿は、まさしく思い描いていた、望んでいた通りの有村架純だった。

 決して大きな芝居をするわけではなく、目線の運び方や、口元の微妙な力の入り方などで、心情変化を繊細に表現する有村架純。非常に「映像的」な魅力を持つ女優だ。それだけに、彼女が画面に現れると、その表情の奥の心がのぞきたくなって、ついつい見入ってしまうのだ。

<田幸和歌子>
1973年生まれ。出版社、広告制作会社勤務を経てフリーランスのライターに。週刊誌・月刊誌等で俳優などのインタビューを手掛けるほか、ドラマコラムをさまざまな媒体で執筆中。主な著書に、『大切なことはみんな朝ドラが教えてくれた』(太田出版)、『KinKiKids おわりなき道』『Hey!Say!JUMP 9つのトビラが開くとき』(ともにアールズ出版)など。

エンタメ最新記事一覧

特集

クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介