高橋由美子、アイドルと女優の狭間で葛藤 デビュー30周年を振り返る

エンタメ
舞台『時子さんのトキ』で主演を務める高橋由美子
舞台『時子さんのトキ』で主演を務める高橋由美子  クランクイン!

 女優の高橋由美子が、9月11日より上演される最新主演舞台『時子さんのトキ』で、路上シンガーに心癒される孤独なバツイチ女性役に挑む。“20世紀最後の正統派アイドル”と呼ばれ人気を博した高橋も、今年、歌手デビュー30周年。自己プロデュースによるベストアルバムのリリースも控える中、女優としてもますます円熟味を増す彼女が、本舞台に懸ける思いと共に、これまでの芸能生活の軌跡を振り返った。

 本舞台は、劇団「ONEOR8」を主宰する脚本家・演出家の田村孝裕が手掛ける。離婚後、夫、息子と離れて一人で暮らしている時子(高橋)は、ある日、路上シンガーの翔真(鈴木拡樹)と出会う。心の隙間や寂しさを埋めてくれる彼に息子の面影を重ねた時子は、疑うことなく多額の金を貸してしまうが、ある日、NPO団体を名乗る柏木(矢部太郎)が現れてから、彼女の人生が狂い始める。

■主演のプレッシャーより作品の面白さが上回った

 高橋のもとに本舞台のオファーが届いたのは、コロナ禍になる前。「最初にお話をいただいた時は、正直、『私が主演で大丈夫?』って思ったのですが、脚本・演出が田村さんと聞いて、『一緒に面白い作品を作ってみたい!』っていう気持ちが主演のプレッシャーを遥かに上回ってしまった」と当時を振り返る。今回、田村とは初のタッグとなるが、かねてから「いつかご一緒したい」と思っていただけに、高橋にとってはまさに念願の舞台。「巧みな構成の中で繰り広げられる会話劇が素晴らしく、名だたる女優さんたちを唸らせる演出力もウワサで聞いていたので、決まった時は本当にうれしかった」と気合い十分だ。

 さらに意外だったのは、時子役は高橋をイメージした「当て書きだった」という田村の言葉。これに対して高橋は「台本を読み始めた時は、『え?これが私?』と、あまりピンと来なかったのですが、読み進めていくうちに、『あ、これは私だな』と思うところがポロポロ出てきて(笑)。特に、善くも悪しくもなりふり構わない思い切りのいい決断力は、思わず納得してしまいました。ご存知のように、『きちんと考えて決断したの?』っていう時も結構ありましたし、いろいろ皆さんにご迷惑をおかけしちゃったこともありましたから」と苦笑いする。

 ただ、当て書きとはいえ、時子は“時子”という確立したキャラクターがあるという高橋。「時子って、私が反映されている部分もあるけれど、今を生きる女性たちの等身大の姿でもあるんですよね。一人で生きてはいけるけれど、誰かそばにいてほしい。頼られたいけれど頼りたい。でも、あまり距離を急に詰めないで…みたいな。今ある幸せでも十分だけれど、ほんの少しだけ気持ちに余裕がほしいから、気になるあの人とつながっていたい。そういう複雑な感情を肯定しながら生きている女性なんだと思うんですよね」と分析する。

 物語の展開については、現時点(取材時)では高橋自身も全てを把握していないようだが、「時子の気持ちのように、グレーゾーンの中で、白なのか、黒なのか、揺れながら進んでいく感じがしますね」と推測。「時子は翔真を異性として見ているようで見ていない。シンガーとして売れてほしいけれど売れてほしくない。いつも近くにいてほしいけれど、ずっといられるとちょっとウザい…みたいな。そういう曖昧な部分を田村さんは描きたいと思っているようですが、演じる私としては、気持ちをどちらに寄せればいいのかわからず、毎日、死にそうです(笑)。でも、これまでにない面白い舞台になると思うので、ぜひ、期待していただきたいですね」と自信をのぞかせた。

■反省はしても後悔はない、出会いと葛藤の30年

 “20世紀最後の正統派アイドル”として一世を風靡し、今年、歌手生活30周年を迎えた高橋。1990年にTVアニメの主題歌「Step by Step」でデビューし、1994年、主演も務めたドラマ『南くんの恋人』(テレビ朝日系)の主題歌「友達でいいから」の大ヒットでアイドルとしてブレイクするが、実は1989年に歌手より一足早くドラマ「冬の旅 女ひとり」でデビューを果たし、女優としてキャリアを積んでいる。

 「1989年のデビューのドラマで監督から(演技の)千本ノックを受けて、基礎を徹底的に学ばせていただきました。たぶん、女優として『さぁ、これから』という感じの時だったと思いますが、同時期にアニメの主題歌を歌える女の子を探している、というお話をいただいて…。歌は苦手だったのですが、とりあえずオーディションに行ったら、たまたま受かってしまい、そこで運命が大きく変わってしまった」と振り返る高橋。そして、「どうせ1度きり」というラフな気持ちでリリースしたデビュー曲が予想以上にアニメファンから支持を受け、次へ次へとシングルを出すことになり高橋はアイドル歌手としての地位を固めていく。

 女優を目指していた高橋とって、最初はアイドル活動に戸惑いを感じていたという。「女優は台本があって、それを演じることによって初めて自分の存在が成立しますが、アイドルってどこに軸を置けばいいのかわからなくて。女優の自分とアイドルの自分、どう分ければいいのか理解できなくなった」と当時の苦悩を明かす。

 その時、高橋の悩みをいち早く察知したスタッフが、とてもシンプルで奥の深いひと言を投げかけ、窮地を救う。「無理に分けずに『アイドルを演じれば?』ってアドバイスをいただいたんですが、その言葉でスーッと気持ちが楽になって…いっそアイドルに徹してみたら、高橋由美子がそこにいたんです」。

 まわりから求められるアイドル像と自分の気持ちの折り合いがついてから楽しめるようになり、“アイドル冬の時代”と言われるなかでコンサートツアーも精力的に行った。2009年に20周年記念ライブを開催した高橋。チケットは即完売。30周年ライブも現在のコロナ禍では難しいが、「状況がよくなったらやりたいですね」と意欲的だ。

 アイドル活動から年齢と共に徐々に活動のフィールドを演技の方へとシフトし、ドラマ『ショムニ』(フジテレビ系)やミュージカル『モーツァルト!』『レ・ミゼラブル』、劇団☆新感線の公演など、女優としてテレビ・舞台などで着実にキャリアを積み重ねてきた高橋。今、改めて30年を振り返ってみると、「人との出会いこそ、私にとって財産。肯定的な方も、否定的な方も含めて、さまざまな人と接することで、ここまでやってこられたと思います」としみじみ語る。

 さらに「葛藤もたくさんあった」という高橋は、「何か失敗した時、『あー、やっちゃった!』という衝撃は結構大きいんです。でも、猛省しているうちに、『やってしまったことは仕方がない』と割り切って、大きく受け止めながら少しずつ踏み固めていくことでなんとか乗り越えてきた」と高橋は話す。私も46歳。そろそろ同じ轍(てつ)を踏まないように注意しながら、人生を大切に生きていきたいなと心からそう思いますね」。

 “高橋由美子、30年目の再出発”。舞台『時子さんのトキ』で魅せる彼女のパフォーマンスに、女優としての“深化”を期待したい。(取材・文・写真:坂田正樹)

 『時子さんのトキ』は9月11日から21日まで東京・よみうり大手町ホール、 9月26日・27日に大阪・サンケイホールブリーゼにて上演。

 10月28日には歌手デビュー30周年を記念したベストアルバム『最上級GOOD SONGS[30th Anniversary Best Album]』を発売。シングル全24作品の表題曲に加え、ファンから寄せられたリクエストで票を集めた12曲を収録。さらに、デビューシングル「Step by Step」新録と、21年ぶりの新曲「風神雷神ガール」も追加収録される。

エンタメ最新記事一覧

特集

クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介