ティルダ・スウィントンが「ワカンダフォーエバー」 チャドウィック・ボーズマンさん追悼

セレブ&ゴシップ
ティルダ・スウィントン、Tilda Swinton
ティルダ・スウィントン (C)AFLO

 女優のティルダ・スウィントンが、ヴェネチア国際映画祭にて、映画『ブラックパンサー』に登場する「ワカンダフォーエバー」のポーズでメディアの前に現れ、8月28日に結腸がんのため亡くなったチャドウィック・ボーズマンさんの早すぎる死を悼んだ。

 MailOnlineによると、現地時間9月1日、イタリア・ベニスで開催のヴェネチア国際映画祭に、ティルダが到着。シャネルのカーキ色のコートにサングラス、白いマスクという出で立ちで姿を現した彼女は、胸の前で腕をクロスする「ワカンダフォーエバー」のポーズで、メディアの写真撮影に応えた。

 ティルダは、マーベル映画『ドクター・ストレンジ』にエンシェント・ワン役で出演しており、『アベンジャーズ/エンドゲーム』では、チャドウィックさんとも共演している。

 チャドウィックさんの訃報には、ロバート・ダウニー・Jr.やクリス・エヴァンス、マーク・ラファロやブリー・ラーソンなど、『アベンジャーズ』シリーズで共演したキャストをはじめ、マライヤ・キャリーやバラク・オバマ前大統領など、多くの著名人から追悼の意が寄せられている。またティルダの他にも、NBA選手のレブロン・ジェームズなどが「ワカンダフォーエバー」のポーズで、彼を称える姿を捉えられている。

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、多くの映画祭や授賞式が中止やリモートでの開催に変更を余儀なくされている中、ヴェネチア国際映画祭は9月2日から12日(現地時間)まで開催予定となっている。

エンタメ最新記事一覧

特集

クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介