元モーニング娘。鞘師里保、「戻って大丈夫なのかな」活動再開への思いと不安

エンタメ
約5年間の活動休止を経て活動再開をする鞘師里保
約5年間の活動休止を経て活動再開をする鞘師里保  クランクイン!

 モーニング娘。のメンバーとして2011年から約5年間活躍していた鞘師里保。2015年12月31日のグループ卒業と共に芸能活動を休止していた彼女が、9月から上演される劇作家・末満健一によるTRUMPシリーズの音楽朗読劇『黒世界 ~リリーの永遠記憶探訪記、或いは、終わりなき繭期にまつわる寥々たる考察について~』(以下、黒世界)で本格的に活動を再開する。一時期の海外留学経験も糧に「喜んでくれる人に何か一つでも形にして届けていきたい」と意気込む彼女に、舞台へかける思いや活動復帰までの道のりで感じた不安、今後の将来像を尋ねた。

■前作を演じた当時よりも登場人物に寄り添えるように

 鞘師が出演するのは、不死を失った吸血種「ヴァンプ」たちが、永遠の命を持つとされる吸血種「トランプ」の不死伝説に翻弄されていく登場人物たちの姿を描いたTRUMPシリーズの最新作。2014年にモーニング娘。’14ほかハロー!プロジェクトのメンバーが出演した同シリーズのミュージカル『LILIUM-リリウム少女純潔歌劇-』(以下、リリウム)で主人公・リリーを演じた鞘師が、本作でもリリーを続投し主演を務める。

 本作が本格的な活動復帰の第一歩となる鞘師は「まずは本当に、舞台への主演という機会をいただけたのが、すごくありがたかったです。モーニング娘。卒業から時間が経っているので、どれほどできるかと不安はあるものの、任せていただいたからにはやり切るしかないと思っています。『リリウム』の続編なので、末満さんをはじめ、前作からお世話になっていたスタッフさんもいて安心感もあります」

 リリーを再演するにあたり、「前作を見返しました」と語る鞘師。当時は16歳であったが、22歳となった今、その頃の自分や作品へ対する見方も変わってきたようだ。

 「自分自身については、いい意味でも悪い意味でも変わっていないのかなと思ったのも本音で(笑)。でも、演技についてはダメ出ししたくなる部分が多々ありました。振り返ると、とにかくリリーを演じ切ることに対して『頑張ろう』と思う気持ちが強くて、物語や彼女の切なさを今ほど感じられていなかったような気もするんです。

 前作を見返してみたら、リリーや他の登場人物たちの生き様に以前よりも入り込めたといいますか、物語を見ながら純粋に泣いてしまって…。時間も経って自分に余裕が生まれてきたのかなとも思います」

■不老不死の主人公・リリーの役作りに自身の成長を重ねるべきか

 グループ卒業から本作への出演までは約5年。その間にあった自分自身の成長を、前作に続いて演じる主人公・リリーの役作りに活かすかどうか、本番に向けて試行錯誤している最中だという。

 「8月の下旬から歌稽古が始まりましたが、その前から、前作『リリウム』で共演して歌唱指導も担当してくださっていた新良エツ子さんと、自主的にリモートで台本の読み合わせをしていました。物語としては、リリーが前作からのトラウマや後悔を引きずりながら、旅をしているんだなと感じる箇所もあります。

 彼女自身は不老不死ではあるけど、周囲の時間は常に流れているんですよね。年齢は変わらないながらも、その中でたくさんの経験をしながら中身は変わっていて、他の登場人物たちよりも何百倍と生きているからこそ、人生を悟っている部分もあるのかなと思っていて。私自身も、グループ卒業からおよそ5年分の年齢を重ねていますが、そこをイコールとするべきかは模索しているので、舞台上でどう表現されているのかは楽しみにしていてほしいです」

 ハロプロメンバーの一人として出演していた前作とは異なり、単身でたくさんの共演者と共に作品を作り上げる本作。そんな環境の違いについても、思いを巡らせる。

 「初めに共演者のお名前を拝見したときは、ちょっとビックリしちゃって。複数の芸能事務所の方々が集まる現場自体に慣れていないし、有名な方ばかりで気持ち的に『ワ〜ッ!』となりました。ただ、深くは考えないようにしようとも思っています。作品としては、新良さんと共に前作『リリウム』から参加しているのは自分たちだけなので、自信を持とうと自分に暗示をかけました(笑)」

■17歳で「大人になろう」と思い卒業を決断

 モーニング娘。のエースとしてグループを牽引する存在だった鞘師は、なぜ卒業を決めたのだろうか。

「17歳になった頃、20歳になることが現実にみえてきて、『このまま大人になるのは良くない』と感じるようになったんです。一般常識が足りていないんじゃないかという罪悪感もありました。例えばマネージャーさんから明日の新幹線のチケットを当たり前のようにいただいたり、普通なら自分ですることをできていないんじゃないかと。そんな自分を俯瞰してみたら『自分でやらなきゃ』と考えるようになって。もちろん活動を続けながら将来設計をする選択肢もあったはずなんですけど、当時の私にとっては仕事をしながらでは時間が足りないと思いました」と当時の危機感を口にする。

 また卒業を意識する以前から、無意識に周囲に「英語を勉強したいし、留学したい」という思いを明かしていたという鞘師。今思えば、モーニング娘。‘14でニューヨーク公演を経験した影響があったのかもしれないというが「ちょうどこの時期に海外への気持ちが大きくなって、日本を飛び出していろいろな経験をしてみたいと思うようになりました」と振り返る。

 自分ひとりで生活ができる大人に…。そんな願いを込めて渡った海外留学では、意外な自分に気づくこともあったようだ。

 「海外へ向かうまでの準備は大変かなと思っていたのですが、やってみたら意外とやれるじゃんと思いました(笑)。航空券や滞在先の手配も全部自分で探してコンタクトを取りました。エージェントさんに頼らないようにしようと思い、ネットで検索をして留学経験のある方や海外在住の方のブログから情報を得て、コスパのいい方法を見つけることができたと思います。もしかしたら『コーディネーターさんとか向いているかも?』と思ったくらいで(笑)」と徹底的に調べるのが好きという新たな自分を発見したという。

 日本を離れた生活では、現地の人たちとのふれあいから吸収することもたくさんあったという。

 「私はシャイというわけではないのですが、自分から話しかけるのに勇気がいるタイプなんですけど、現地で見ず知らずの人たちから声をかけられるのはうれしかったんです。歩いていたら突然『いい靴だね!』と褒められたり、公園でのんびりしていたら初対面のおじさまと40分ぐらい世間話をしたりとか...街を歩いている時の視線の高さが変わったり、自分の守備範囲が広がったような気がします」

■活動再開のきっかけと「戻って大丈夫なのかな」という不安

 貴重な体験を経て帰国した鞘師だが、活動再開について「自分から『復帰しよう!』と意気込んだわけではなかった」と明かす。

 「海外留学を経て現地で就職したり、どこかの国でワーキングホリデーを使って働くという選択肢も候補にはありました。でも、日本に帰ってきたら久々にお会いした方々から『もう行かないで』と引き止めの言葉をいただいたり、ありがたいことに本作のように『一緒にやりませんか?』と声をかけていただける機会があって、不思議とご縁が繋がっていきました」と徐々に活動再開への思いが芽生えてきたと語る。

 それでも「ファンのみなさんにはモーニング娘。を卒業する時に『帰ってこられるように頑張ります』と宣言したものの、本当に戻って大丈夫なのかなという不安もありました」と葛藤したことも吐露する。

■「いろいろな可能性をひろげていきたい」思い描く将来像

 青春時代を過ごしたモーニング娘の現在の姿にも刺激を受けているという。

 「おそらく突発的にグループを卒業した印象もあるはずなので、メンバーやファンのみなさんに対する申し訳なさも正直ありました。でも、卒業後にコンサートを見た時に、みんなますますカッコよくなっているなと。同期のふくちゃん(現リーダー・譜久村聖)も今ではハロプロのリーダーとしても活躍していて、強くなったなと感じています」

 今後の活躍にも期待がかかる鞘師。その将来像について「何か一つでも形にして届けていきたい」と意気込む。

 「海外留学先で味わったダンスの経験も活かしていきたいと思っています。現地ではヴォーカルのレッスンはしていなかったんですけど、休止期間にそれまでに受けていた歌のレッスンを自分なりに噛み砕いて消化することもできたので、今回の舞台のように披露できる機会に感謝しながら挑戦していきたいです」

 この先は「漠然とやりたいことのアイデアはたくさんある」という鞘師。「これから具体的なかたちにできたらうれしいですし、いろいろな可能性を拡げていきたいです」とその瞳を輝かせた。(取材・文/カネコシュウヘイ、写真/松林満美)

 舞台『黒世界 ~リリーの永遠記憶探訪記、或いは、終わりなき繭期にまつわる寥々たる考察について~』は、9月20日から10月4まで東京・サンシャイン劇場で、10月14日から30日まで大阪・COOL JAPAN PARK OSAKA TTホールで上演。

※『黒世界』の正式は旧字体

ヘアメイク:太田年哉(maroonbrand) /衣装協力:DIANA/スタイリスト:寒河江健(Emina)

エンタメ最新記事一覧

特集

クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介