『妖怪シェアハウス』“澪”小芝風花の皿投げシーンに反響「かっこよすぎる」

エンタメ
2019年オスカープロモーション晴れ着撮影会20181204
小芝風花  クランクイン!

 女優の小芝風花が主演を務めるドラマ『妖怪シェアハウス』(テレビ朝日系/毎週土曜23時15分)の第2話が8日に放送。小芝のジャンプしながら皿を投げる姿に「かっこいい」「かっこよすぎる」などの反響が寄せられている。

 本作は、ダメ男の元彼が原因でお金も仕事も住まいも奪われ、気弱で空気ばかり読んでいた主人公・目黒澪(小芝)が、シェアハウスで出会ったお節介な幽霊や妖怪たちに助けられながら、その自由で縛られない姿に感化され、成長していく姿を描くホラーコメディー。

 第2話では、小さな編集プロダクションで、1週間お試しバイトをすることになった澪は、ブラックぶりに初日からめげてしまう。そこへスター編集者・宗像公介(蕨野友也)が現れ、澪に自分の仕事を手伝うように言う。

 家に帰り、宗像について報告すると、伊和(松本まりか)たちは新しい恋の予感!と盛り上がる。伊和が立ち上がり「恋のキセキが起きるかも」というと、ぬらり(大倉孝二)らが「かもねかもね、そうかもね」と歌いながら小躍りをしてさらに盛り上がる。個性豊かな妖怪たちにネットでは「ノリよすぎる」「この妖怪たちとなら住みたい」などの声が寄せられた。

 しかし宗像に違和感を感じた伊和たちは、宗像がパワハラ・セクハラの権化だという素性を調べ上げ、調査報告会を開催。そこへ、庭にある井戸から、番町皿屋敷のお菊(佐津川愛美)が現れる。「お菊で~す!」と現れたのは、ハイテンションの女の子だった。大親友だという伊和とお菊は「番町と四谷、目と鼻の先だもんね~!」と盛り上がる。このシーンには「かわいいしかない」「ツーショットかわいい」「アイドルユニットみたい」などの絶賛の声が相次いだ。

 次の日、宗像からバーに呼び出された澪は、仕事が欲しいなら脱げと脅され、危険な目に。そこに急に井戸が現れ、宗像と澪はシェアハウスに落とされてしまう。妖怪の姿になった住民たちは「女を泣かせてそれでも男か!」「何人の女を泣かせた!」と怒りを口にし、シェアハウスの庭に倒れこんだ宗像に皿を投げつけていく。

 そんな中でも宗像は「権力を握った男は、女をはべらせて思い通りにしてこそ力が湧くんだ!」と言い放ち、澪も最後には耐えられず「女をバカにするな!」「最後の1枚でぬしは死ぬ!」と皿を投げつける。ジャンプし思い切り皿を投げつける澪の姿にネットでは「すごいジャンプ!」「飛んだ!(笑)」「投げ方かっこよすぎる」「めっちゃ笑った」「痛快!」などの反響が集まった。

エンタメ最新記事一覧

特集

クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介