坂口健太郎、柴咲コウと初共演 『35歳の少女』で初恋の相手役に

エンタメ
『35歳の少女』
坂口健太郎、柴咲コウ主演ドラマ『35歳の少女』に出演

 女優の柴咲コウが主演を務める10月スタートのドラマ『35歳の少女』(日本テレビ系/毎週土曜22時)に、俳優の坂口健太郎が出演することが分かった。2人は本作が初共演で、柴咲演じる主人公の初恋の相手役を坂口が務める。

 『35歳の少女』は、10歳の時に不慮の事故で長い眠りにつき、25年後に目覚めた女性の、“時をこえた”成長物語。柴咲は“35歳の少女”である主人公・今村望美役を演じる。また、本作では『家政婦のミタ』『同期のサクラ』の制作チームが集結。柴咲が主演した2015年1月期放送のドラマ『〇〇妻(まるまるづま)』以来5年ぶりに、柴咲と脚本家・遊川和彦がタッグを組む。

 1995年。不慮の事故で突然、長い眠りについた10歳の少女、今村望美。家族はバラバラになり、初恋の少年は夢を諦め、それぞれに孤独な“今”を生きていた。しかし、ただ一人、母親だけは娘の奇跡の生還を信じ、見守り続けていた。そして、2020年。25年ぶりに少女が目覚めたものの、心は10歳、だけど体は35歳。すべてが変わってしまった世界に戸惑いながらも、望美は未来を生きる。

 坂口が演じるのは、望美の小学校のクラスメイトで初恋の相手だった広瀬結人役。体は自分と同じ35歳、しかし心は10歳のままの望美に戸惑いながらも向き合っていくという役どころだ。これまで好青年や正義感の強い役柄を演じてきた坂口のイメージを覆すような無頼漢の「悪キャラ」という。

 広瀬は一度小学校の教師となったが、ある事件をきっかけに退職。自信のなさを隠すために、他人の批判と上から目線でなんとか自分を守っていたが、望美との“再会”で、そんな自分を見直していく。そして、望美への思いも再び芽生えていく。

 坂口は「初の遊川作品、そして初めて柴咲コウさんとご一緒させていただけることが、今からとても楽しみです」とコメント。「最初に台本を読ませていただいた時の高揚感を大切にしながら、望美の周りで起こる様々な出来事を、結人として見守り、時には望美に気づかされ、一緒に成長していけたら嬉しいです」と意気込みを明かしている。

 土曜ドラマ『35歳の少女』は、日本テレビ系にて10月より毎週土曜22時放送。

エンタメ最新記事一覧

特集

クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介