野村周平、NY留学から帰国後初の連ドラ出演 福士蒼汰主演『DIVER』追加キャスト発表

エンタメ
『DIVER-特殊潜入班-』
ドラマ『DIVER-特殊潜入班-』新キャスト発表 (C)カンテレ

 俳優の福士蒼汰が主演を務める9月22日スタートのドラマ『DIVER‐特殊潜入班‐』(カンテレ・フジテレビ系/毎週火曜21時)の追加キャストとして、俳優の野村周平、安藤政信、女優のりょうの出演が発表された。併せて特報も公開された。

 「グランドジャンプ」(集英社)に連載されていた大沢俊太郎による人気漫画『DIVER‐組対潜入班‐』をドラマ化する本作は、潜入捜査官をテーマにしたノンストップサスペンス。

 福士が演じる主人公の黒沢兵悟は、10代の頃は窃盗や暴力事件の常習犯だったが、異常に高いIQ、判断力、身体能力が認められ、警察内で秘密裏に結成された「潜入捜査官チーム」(通称“D班”)の一員に。その仕事は、暴力団や詐欺集団など“悪の組織に潜入して情報や証拠をつかみに行く”、ともすれば命を落としかねない特殊捜査だ。しかし兵悟は、そんな危険も顧みず、悪の根源を駆逐するためには手段を選ばず、時に暴力的に、時に冷徹に、犯罪者に立ち向かっていく。

 野村が演じるのは、D班のメンバーのひとり、佐根村将。元海上自衛官で優秀な成績を収めたエリートで、ある真相を確かめるべく自衛隊を辞め、D班の一員となる。野村は、昨年5月から今年4月まで米ニューヨークに語学留学しており、帰国後初の連続ドラマ出演。「久しぶりにセリフを覚えたり、現場の空気を感じたりして、初心に戻った感覚になりました。僕のことを覚えていてくれて、今回お声がけいただいたということがすごくありがたいですし、その期待に応えるべく頑張らないと、と気が引き締まる思いです」と意気込みを語った。

 役を演じるにあたっては「礼儀正しく、硬派。元自衛官なので、体つきも意識してトレーニングや格闘技を習ったりしています」と、体作りにも励んでいることを告白。撮影の主な舞台が、野村の出身地・神戸であることから「学生の頃、友達とよく遊んでいた場所やなじみのある風景が撮影現場になっているのがうれしいですね」と話す。

 安藤が演じるのは、D班の班長・伊達直哉。兵庫県警組織犯罪対策課で事件現場の指揮をとりながら、裏では黒沢や佐根村ら個性的なD班メンバーを束ね、潜入捜査に挑む。役どころについて安藤は「変わり者が集まったチームの班長ということで、とにかく強くいるということ、どんなことでもぶれないということ。さらに、人間らしく温かさを持ち続けたいなと思っています」と語る。

 りょうが演じるのは、D班を背後で操る兵庫県警本部長・阿久津洋子。男社会の警察組織で県警初の女性本部長の座に立つキャリア官僚だ。役の印象をりょうは「使える武器はすべて使うしたたかさがあって、冷徹な人。男社会の中で押しつぶされたりもしながら、内部にはびこる悪をみて、本当の正義とは何かを追及している強い女性だという感じがしています」と話す。「女性であることも武器にしていると感じ、衣装さんとも相談して柔らかい素材だったり、レースを入れてみたり、フェミニンな要素も入れてみました」と役づくりへのこだわりも明かした。

 今回公開された15秒の特報は、悪の組織に潜入し、どんな手段を使ってでも闇の根源を駆逐するという凶悪性を持つ黒沢(福士)の表情や、アクションサスペンスとして疾走感満載の映像となっている。

 ドラマ『DIVER‐特殊潜入班‐』(全5話)は、カンテレ・フジテレビ系にて9月22日より毎週火曜21時放送。。

エンタメ最新記事一覧

特集

クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介