『親バカ青春白書』“幸子”新垣結衣がママの顔に 娘さくら誕生の3ショット公開

エンタメ
【日本テレビ】『親バカ青春白書』
『親バカ青春白書』ガタロー(ムロ)&幸子(新垣結衣)夫妻と娘さくらの3ショット (C)日本テレビ

 俳優のムロツヨシが主演を務め、女優の永野芽郁と親子役で共演するドラマ『親バカ青春白書』(日本テレビ系/毎週日曜22時30分)の第2話(8月9日放送)より、ガタロー(ムロ)&幸子(新垣結衣)夫婦と生まれたばかりの娘さくらの3ショット写真が解禁された。

 本作は、大学の同級生となった、たった二人の「父と娘の親子」が、大学生活で絆を深める家族の愛の物語。福田雄一がオリジナル脚本の統括と演出を務める。

 ゴールデン・プライム帯の連続ドラマ初主演となるムロが、娘が大好きすぎて娘と同じ大学に入学してしまった親バカなシングルファーザーで小説家の小比賀太郎、通称“ガタロー”役、永野がその大事な箱入り娘の小比賀さくら役、新垣がガタローの最愛の妻でさくらの母親・小比賀幸子役、中川大志がさくらの恋人候補・ハタケこと畠山役を、それぞれ演じる。

 解禁された場面写真は、ついに夫婦となったガタロー(ムロ)と幸子(新垣)の2人が、ベビーベッドの中のさくらと撮った3枚の写真。夫婦がさくらをみつめほほ笑んでいる姿など、パパとママの表情を見ることができる。寝ている赤ん坊のさくらをのぞき込みながら、さくらの将来を心配するガタローと幸子。19年前のさくらを巡る小比賀夫婦のエピソードとはいったい?

 第2話では、ハタケ(中川)の部屋にお化けが出るという話で盛り上がった同級生たちが肝試しを企画。さくら(永野)を心配して当然同行するガタロー(ムロ)だが、そこでハタケがある“秘密”をカミングアウト。想定外の事態にさくらの恋にも新たな局面が訪れるが…!? さらに、一同を不気味な心霊現象が襲う。

 ドラマ『親バカ青春白書』は、日本テレビ系にて毎週日曜22時30分放送。

エンタメ最新記事一覧

特集

クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介