今期ドラマ3本出演 “正統派”なだけじゃない若手俳優・岡田健史の魅力

エンタメ
『博多弁の女の子はかわいいと思いませんか?』
岡田健史  クランクイン!

 2018年に有村架純主演『中学聖日記』(TBS系)で衝撃的デビューを果たした現在21歳の岡田健史。キャリア2年足らずの彼だが、今、金曜日の異なるドラマで3つの表情を見せている。

■金曜放送ドラマ3本に掛け持ち

 綾野剛と星野源のダブル主演ドラマ『MIU404』(TBS系/毎週金曜22時)で父親が警察庁刑事局長の新米キャリア・九重世人。もう1つは、14日に最終話を迎える『大江戸もののけ物語』(NHKBSプレミアム/毎週金曜20時)で妖怪たちと交流する旗本の次男坊・新海一馬。さらに、ネット配信から地上波放送された『いとしのニーナ』(フジテレビ系/毎週金曜24時55分)で、幼なじみが起こした拉致事件をきっかけに、憧れの美少女・ニーナのボディガードをする男子高校生・外山厚志役だ。

■「正統派」がデメリットにならない理由

 ピンと伸びた背筋や、整った顔立ちは、『MIU404』のスーツ姿も『大江戸もののけ物語』の月代(さかやき)と和服姿も、『いとしのニーナ』の普通の高校生ファッションもサマになる。時代を問わず、誰が見ても間違いない正統派だ。ただし、昔から「美人は3日で飽きる」と言われるように、さらに「実力派」「個性派」が高く評価される今の時代においては、特に若いうちの容姿の良さはむしろ強い逆風を受けるデメリットだってある。

 その点、岡田の演技の魅力は、ビジュアルよりもむしろ「反応のビビッドさ」にあると思う。

 『MIU404』では頭でっかちで理屈っぽい、面倒臭いエリートに見える一方で、時折見せる屈折した表情が妙にひっかかる。かと思えば、第5話(7月24日放送)では同時多発のコンビニ強盗事件を追うなか、投稿につけられたタグの意味を解読。志摩(星野)に電話して「隠語みたいなもんったい! 水森は強盗を集める気がなかとですよ!!」「…やったばい」と方言丸出しでつぶやくシーンが描かれた。理論武装で固められた九重の感情がむき出しになるシーンは生々しさがあった。

 また、『大江戸もののけ物語』では、本郷奏多、森川葵など、若手の演技巧者たちに囲まれつつ、根っからののんきさや明るさ、鈍感さゆえの強さと、妖怪たちとの交流の中で変わっていく距離感を表情豊かに見せている。『いとしのニーナ』の場合は、平和な家庭で育った素直さと単純さ、保身に走る小心者感、青臭さを併せ持つ「等身大の男子」がしっくりきている。

■テクニックでない、ビビッドな反応の面白さ

 正直、現時点では繊細な芝居を見せるタイプではない。しかし、岡田の強みは、決して器用ではないところにあると思う。

 器用ではないからこそ、与えられた役について、ひたすら考える。『いとしのニーナ』のインタビューでは「厚志だったら、普通に朝ご飯を食べているときも『ニーナがこれを食べたらどんな顔するだろう』と考えるだろうし、空を見上げても、『この空はニーナにはどんなふうに見えるだろう』などと考えるんじゃないかと」と岡田本人が語っていたが、自分自身の日常に置き換え、あらゆる場面でその役として生きようとする真摯(しんし)さがある。

 また、『もののけ』で共演している本郷は、岡田について「カメラが回っていないときも一人でイメージトレーニングやセリフ回しの練習をして。少しでも良いものを提供しようという姿勢が見える素敵な役者さん」とインタビューで語っていたが、こうした全力投球ぶりも若々しくて良い。とはいえ、一人の作業で突き詰めていく「役作り」は、ときに一人よがりになったり、作品の中で浮いてしまったりする危険性も伴う。その点、岡田の場合は、相手とのやり取りの中で見せる表情・反応が、何よりビビッドで面白いのだ。

 おそらく必死で役について考えた上で、相手とのコミュニケーションでわいてくる感情を大切にし、それを自然に放出する。真面目さと、人懐こさ、「受信力」の高さが生むものなのか、テクニックで見せる芝居と違い、その反応は視聴者の予想をちょっとハズしてくる場合も多い。そのハズし方は、視聴者に驚きと新鮮さを与え、「え? この場面で笑う? 一馬ってアホなヤツだなあ」と思わず笑ってしまったり、「この場面で平然とした顔しているなんて、意外と篤志って強いのかも」と思えたりする。岡田の意外な表情・反応から、演じるの人物の意外な一面に気づかされることもあるのだ。

■主人公的要素が備わっている強み

 何度か本人に取材させていただいたなかで特に印象に残っているのは、現場で彼を取り巻く視線が皆、一様に温かいことだ。「元・高校球児」ならではの体育会の誠実さと、おそらく常に人の視線を浴びてきたであろう経験からくる他者との距離の近さ、親しみやすさのためか。インタビュー・撮影・囲み取材などでは、その場のスタッフが皆、彼の一挙手一投足を笑顔で見守る。しかも、女性たちが熱狂してしまうというよりも、男性記者や男性カメラマンなども女性と変わらず同じ温度で眺め、なんとなく目を細めているのだ。

 これは情報バラエティ番組などでMCやゲストコメンテーターなどが皆、政治や事件の話を硬直した怖い顔でしていた直後であっても、大谷翔平選手の話題になると、瞬時に頬を緩める光景にちょっと似ている。真っすぐさや青さ、真面目さ、素直さの一方で、ちょっとヌケた面や人懐こさがある、いわゆる「オールラウンダー型」の主人公に必要な要素が備わっているタイプだ。まだ粗削りだからこそ、どんどん新たな武器を身に着けていく成長ぶりも楽しみな役者だ。(文:田幸和歌子)

<岡田健史>
1999年福岡県生まれ。2018年10月期ドラマ『中学聖日記』(TBS系)で、有村架純演じる教師と恋に落ちる中学生役で衝撃的デビューを果たす。今年3月公開の『弥生、三月-君を愛した30年-』で映画初出演。 後半は、公開延期になっている綾瀬はるか主演『奥様は、取り扱い注意』(公開未定)をはじめ、雫井脩介のサスペンス小説を堤幸彦監督が映画化した『望み』(10月公開)、綾野剛と北川景子が刑事役でバディを組む『ドクター・デスの遺産‐BLACK FILE‐』(11月公開)、大泉洋主演、福田雄一監督作品『新解釈・三國志』(12月公開)と出演作の公開が続く。さらに、来年は渋沢栄一を主人公にした『青天を衝け』(NHK)で大河ドラマ初出演を果たす。

エンタメ最新記事一覧

特集

クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介