サメー“Summer”シーズン到来! 王道からトンデモまで、2020年に到来するサメ映画

映画
映画『ディープ・ブルー3』がブルーレイ、DVDでリリース決定
映画『ディープ・ブルー3』場面写真 (C) 2020 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.

 季節は“Summer”。いやサメー!? 今年もサメザメなサメ映画たちがやってくる! 劇場公開作からトンデモ作、さらにはビッグネームの続編に雪のサメ、海外最新サメ作品まで、最新サメ映画を一挙にご紹介。もはやサメ映画は夏だけ楽しむものじゃない、夏・海・サメの三段論法はすでに死語。いつだってサメーシーズン! いつだってサメータイム! 年がら年中サメ三昧!

■盲目サメの怒とうの攻撃『海底47m 古代マヤの死の迷宮』はお化け屋敷感覚で備えよ!(公開中)

 前作『海底47m』で、タイトル通りの海底47mの世界での息苦しさと、サメと対峙(たいじ)する恐怖を描いたヨハネス・ロバーツ監督が描くシリーズ第2弾。今回の舞台は、海とつながる”古代マヤ遺跡が広がる洞窟の中”。登場するのは、なぜか海から迷い込み真っ暗な生活環境に適応してしまったという、盲目の巨大ホホジロザメ。しかしこれがとてつもなく獰猛(どうもう)で、いきなりドーン! と現れて口をガバっと開き、怒とうの攻撃ラッシュで襲ってくる。来るぞ…と思ったらやっぱり来る! 来ない…と思っても来る! 出口のない迷宮で響く女子高生たちの悲鳴。ご覧になる方は、どうぞお化け屋敷感覚で備えてほしい。“モンスターパニック映画としてのサメ映画”を思い出させてくれる、原点回帰な恐怖志向。刺激強めの1本だ。

■ネット民ア然『ランドシャーク 丘ジョーズの逆襲』“丘ジョーズ”ってなんだよ…(8月6日DVD発売)

 遺伝子操作によって誕生したサメが海を飛び出し陸地で大暴れ、という設定のこの作品。案外文字だけ見れば違和感は無いかもしれない。そう、文字だけならば…。だが、登場するサメのフォルムが「がおー」とでも言いたげなハンドメイド感満載の姿で襲ってくるとしたらどうだろうか。リリースに先がけて公開された、泥を全身に被ったサメの衝撃の姿にネット民が熱狂。この世界の片隅の、そのまた片隅の存在にも関わらず、3000を超える「いいね」に1800を超えるリツイートをたたき出し、「かわいい」「結婚したい」「丘ジョーズってなんだ」などと賛否の声が次々に寄せられた。

 監督は、『フランケン・ジョーズ』『ジュラシック・ビースト』など、知る人ぞ知るB級…いやZ級映画界の至宝マーク・ポロニアの作品。普通のサメ映画に満足できないアナタにオススメだ。ただし、無駄に血が飛ぶ残虐表現もあるので、ご注意を…。

■『ディープ・ブルー』シリーズ第3弾はサメ肌モノの恐怖! 日本人女優がメインキャストに(10月9日ブルーレイ、DVD発売)

 10月にはビッグネーム『ディープ・ブルー』シリーズの第3弾『ディープ・ブルー3』が登場。第1作では、当時はまだ珍しかったCG技術でサメを登場させ、圧倒的な恐怖感も相まって大ヒット。第2作では、少々飛び道具的な“集団小ザメ”を登場させながら、前作のリメイク的な位置付けで描いてくれた。満を持しての第3弾は、1とも2とも違う独自進化。ヤマ場となるシーンが”ここで欲しい”というタイミングで登場し、しっかり魅せてしっかり怖がらせてくれる仕上がり。特にサメとの攻防は圧巻の一言。これまでのサメ映画にはない、新たな表現での激しいバトルシーンに興奮してサメ肌…いや鳥肌が立つこと請け合いだ。

 そしてうれしいのは、日本人キャストとして女優の蒼れいなが起用されたということ。これまでもサメ映画では『MEG ザ・モンスター』のマシ・オカ、『パシフィック・ウォー』の竹内豊(竹野内豊ではない)らの出演があったが、ハリウッド製作のサメ映画に日本人女優が、しかもメインキャストでの出演というのは初。歴史に新たな1ページを刻んだ作品でもある。

■サメい(寒い)冬に元祖雪サメ映画『SNOW SHARK』リリース決定!(今冬DVD発売)

 “冬”と聞いて真っ先に頭に浮かぶのは…やっぱり真っ白な雪の情景。そんな雪をかき分けてサメが登場し、次々と人々を襲う『SNOW SHARK(原題)』のリリースが今冬に決定! サメ映画通の方は、雪に出てくるサメ映画は『アイス・ジョーズ』(2013)があるじゃないか! と思われる方も多いかもしれない。しかしあなどるなかれ、この『SNOW SHARK(原題)』、実は『アイス・ジョーズ』が誕生する前の、2012年の作品。いわば雪サメ映画の元祖なのである。

 一体どうやって撮影したのかと思わず首をかしげる、雪の中を進む背ビレのカットが盛り込まれた意欲作だが、手作り感あるテイストが敬遠されてか、なぜかこれまで日の目を見ず…。満を持しての日本上陸だ!

■“あの”アサイラムの新サメ映画は、ついに恐怖路線?『SHARK SEAZON』

 『シャークネード』シリーズでおなじみアメリカの製作会社アサイラムがまたやってくれた。同社久々の新作となる新サメ映画のタイトルは『SHARK SEAZON(原題)』。なんだか本コラムに合わせたようなタイトルだが、現地アメリカでは7月28日に放送されることが予定されている。すでにYouTube上で公開された予告編では、アサイラムらしからぬストレートな恐怖重視のサメ映画であるような印象が伝わってくる。“ベテラン俳優マイケル・マドセンが出演”と大々的にうたわれているが、果たしてその実力はいかに!? ぜひ日本でのリリースもお願いしたい1本だ。


■サメ映画最前線を読む

 誰もが知る『ジョーズ』(1975)は、サメ映画に“恐怖”のイメージを植え付けた。しかし時は流れ、『メガ・シャークvsジャイアント・オクトパス』(2009)シリーズや『シャークネード』(2013)シリーズなど、一風変わった作品が多数登場することによって、サメ映画は“恐怖”から“興味”へとシフト。「サメ映画だったら少々のことなら許容できる」という存在になった。

 しかし、それも『MEG ザ・モンスター』(2018)が『ジョーズ』を超える興行成績をあげたという事実があったからこそ。そこから潮目が変わり、再びサメ映画のトレンドは王道の“恐怖”を体感させるものへと移行中だ。果たしてこの先、サメ映画はどんな風に進化を見せてくれるのか? それを楽しみにしたい。(文・中野ダンキチ)

エンタメ最新記事一覧

特集

クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介