『半沢直樹』“大和田”香川照之の“スマホ”が話題に 公式も見解をツイート

エンタメ
【TBS】日曜劇場『半沢直樹』(2020年7月期)
日曜劇場『半沢直樹』第1話場面写真 (C)TBS

 俳優の堺雅人が主演を務めるドラマ『半沢直樹』(TBS系/毎週日曜21時)の第1話が19日に放送され、7年ぶりの「倍返しだ!」に興奮の声が上がる中、ラストで描かれた大和田(香川照之)の“スマホのその後”に視聴者から注目が集まっている。

 第1話のラスト。スマートフォンで何者かと電話で話す大和田はその相手に「そうか、半沢くんが動き出しましたか…ご報告どうも」とつぶやくと、そのスマホを会議室の広い広い机の上に放り投げる。スマホはシュっーとすべって行き、机の中央近くへ。大和田は中野渡頭取(北大路欣也)がいつも座っている席に腰掛けると、怪しい笑みを浮かべるのだった。

 このシーンに視聴者は注目。「遠くに行ってしまったスマホをこの後どうするのか」ということが話題になり、「大和田さん、自分でスマホ取りに行ったのかな」「スマホを回収する大和田取締役」とイラスト付きでイジったり、「後で大和田が必死にとろうとしてるの想像したらかわいい」「このあとスマホどうすんねん」といった反響の声が多数上がった。

 『半沢直樹』公式ツイッター(@Hanzawa_Naoki)もこの件に反応。「机の上にいってしまったスマホ。この話は撮影時に大和田さんとも話題に上がりましたが、この後大和田ならどうするのか、回答は得られませんでした」と答えは出ないようだった。

エンタメ最新記事一覧

特集

クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介