岩井俊⼆監督『チィファの手紙』それぞれの初恋の記憶が蘇る予告&本ビジュアル公開

映画
映画『チィファの手紙』
映画『チィファの手紙』本ビジュアル (C)2018 BEIJING J.Q. SPRING PICTURES COMPANY LIMITED WE PICTURES LIMITED ROCKWELL EYES INC. ZHEJIANG DONGYANG XIAOYUZHOU MOVIE & MEDIA CO., LTD ALL Rights reserved.

 岩井俊二監督が初めて中国でメガホンをとった映画『チィファの手紙』が、9月11日より公開されることが決定。併せて、予告編と本ビジュアルが解禁された。

 本作は、今年1月に公開された岩井監督の最新作『ラストレター』と同じく、自身の小説『ラストレター』を原作に岩井監督が中国で描くもうひとつの“ラストレター”。中国四大女優と称されるジョウ・シュンが主人公チィファ役を演じるほか、中国を代表する豪華キャストが集結している。2018年11月に中国で公開されると、中国映画としてその週の興行ランキング1位を獲得。中国のアカデミー賞とされる第55回金馬奨で最優秀主演女優賞・助演女優賞・脚本賞の3部門にノミネートされた。

 亡くなった姉チィナン宛てに届いた同窓会の招待状。妹のチィファ(ジョウ)は、姉の死を知らせるため同窓会に参加するが、姉の同級生に姉本人と勘違いされた上、初恋相手の先輩チャン(チン・ハオ)と再会する。姉ではないことを言い出せぬまま、姉のふりをして始めた文通が、あの頃の初恋の思い出を照らし出す…。

 予告編は、「おばあちゃん、人間ってなんで死ぬの?」というセリフと、姉チィナンの葬儀の場面からスタート。続いて、主人公のチィファ(ジョウ・シュン)が、姉チィナンの死を告げるため参加した同窓会で、中学時代の憧れの相手チャン(チン・ハオ)と再会するシーンが映し出される。そして、「中学時代に憧れの人がいたんです。でもその人、私の姉が好きで」と語るチィファとともに、「手紙」を通して浮かび上がるそれぞれの初恋の記憶が、現代と過去二つの世代を繋いで描かれていく。

 本ビジュアルは、今年5月に公開されたティザービジュアルでも記された「初恋、めぐるー」というコピーと共に、うつむいたチィファの横顔を捉えたもの。あどけなさの残る若き日の姉チィナン(ダン・アンシー)の横顔をとらえたティザービジュアルとは対照的に、本ビジュアルのチィファはどこか切なげな表情。現代と過去を結ぶ物語が、チィファとチィナンの姉妹の二つの顔によって演出されている。

 映画『チィファの手紙』は9月11日より全国公開。

エンタメ最新記事一覧

特集

クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介