ドイツ発“透明人間”映画『インビジブル・シングス 未知なる能力』公開決定

映画
映画『インビジブル・シングス 未知なる能力』
映画『インビジブル・シングス 未知なる能力』ポスタービジュアル (C)2018 OSTLICHT FILMPRODUKTION GMBH, AMOUR FOU LUXEMBOURG ALL RIGHTS RESERVED

 “透明人間”を題材としたドイツ発の映画『Invisible Sue(原題)』が、邦題を『インビジブル・シングス 未知なる能力』として7月10日より全国順次公開されることが決まった。

 H・G・ウェルズが小説『透明人間』(1897年刊)で生み出した“透明人間”というコンセプトは、2000年に公開された『インビジブル』(ポール・バーホーベン監督)など、これまでもさまざまなSF映画において描かれてきた。7月10日からは、『ゲット・アウト』など良質スリラーを製作しているジェイソン・ブラムと『ソウ』の脚本リー・ワネルがタッグを組んだブラムハウスの新作映画『透明人間』の公開も控えている。

 そんな注目作『透明人間』と時を同じくして公開される本作は、透明人間になってしまった12歳の少女と世界征服を図る悪の組織との戦いを描く、特殊能力SFアクション映画。ドイツ映画批評家協会賞最優秀子供映画賞にノミネートされた。

 12歳のスーはヒーローコミック好きで、学校に友人もいない。父親は音楽家で出張も多く、母は化学研究に没頭し、自分のことは相手にしてくれない。ある日スーは、母の誕生日をサプライズで祝おうと研究所に勝手に入り込み、誤って母が開発した化学物質≪NT26D≫を全身に浴びてしまう。その化学物質のせいで、スーは温かいものを触ると透明人間になってしまう特殊能力を手にする。

 世紀の発明であるその化学物質を狙う謎の組織に誘拐されてしまった母を救うため、スーは、イケメンだけど吃音(きつおん)持ちの転校生トビーと、メカオタクの≪アプリ≫ことカヤと誘拐の真相を探ることに。

 映画『インビジブル・シングス 未知なる能力』は7月10日より全国順次公開。

エンタメ最新記事一覧

特集

クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介