『MOTHER』ゲーム芸人フジタが紹介 お約束を破りまくる名作の、心に刺さる言葉

ゲーム・アニメ
ゲーム『MOTHER』シリーズ
ゲーム『MOTHER』パッケージビジュアル (C)1989 Shigesato ITOI ,Nintendo

 「エンディングまで、泣くんじゃない」「名作保証」というCMのキャッチコピーが印象的なゲーム『MOTHER』。独特な世界観や設定、そして間違いなく名作と言い切れる本作には、心に刺さる強烈な言葉が多数登場する。

 1989年に登場した『MOTHER』は、いわゆる「悪い敵を倒す」系のRPG。見た目は“バカゲー”と呼ばれた『マニアックマンション』に似ているが、秀逸なストーリーとこだわり抜いた音楽、そして先述のCMが話題を呼び、多くのファンを生んだ。1994年には続編の『MOTHER2』が発売され、大ヒット。2006年には『MOTHER3』がリリースされた。

■RPGのお約束なんか無視! 斬新すぎる設定

 主人公はただの少年。選ばれた勇者ではないので行く先々で歓迎されることなどなく、警官に会えば「学校はどうしたの」と詰問される。状態異常も「毒」ではなく、街の人にうつされる風邪や排気ガスによるぜんそく、ホームシックなど。RPGに付きもののワープ手段はくず状にしたパン(食べると体力回復)、お金は倒した敵から得るのではなくパパがキャッシュディスペンサーに振り込んでくれる…と、現実離れした設定が主流だった当時のRPGのお約束などどこ吹く風。

 また、『MOTHER2』ではアイテムの預かり&お届け屋「エスカルゴ運送」を電話で呼ぶことができるのだが、到着時間にへき地にいると「おたくさまが(ハアハア)おいでになるばしょがみつからなくて…きっと、へんなところにいるんでしょうねぇ(ハアハア)。わたし、もう、まごころこめて…あきらめましたから。かえります(ハアハア)」とスタッフが諦めてしまう。こんなゲーム、そうそうお目にかかれない。

 幻の国や架空の生き物などファンタジー要素もないわけではないが、大筋で現実路線を貫く本作。世界を救うためにメロディを集め、最後は武器ではなく歌で戦うという設定も斬新だった。音楽も、オープニング、スノーマン、クイーンマリーの城など本当に名曲ぞろいだったが、1番のお気に入りは「マリアの子守唄」。

■初代のクライマックスは名言ぞろい

 主人公の曾祖父母ジョージとマリアの失踪から物語が始まる初代『MOTHER』は、ほのぼのとした雰囲気に似合わずゲーム難易度が高く、ヒントが少ないうえに半端なく強い敵(にじりよるワニやふてきにほほえむスージー系など)もいるのでつまづくことも珍しくない。ただ、それらを乗り越えてたどり着くクライマックスにはたくさんの名言や切ないシーンが用意されている。

 中でも1番刺さったのは、ロイドという仲間の言葉。ロイドはメカには強いが力が弱く、学校ではいじめられ、後に加入するテディという腕っぷしの強い仲間にも戦力外通告を受けるような頼りないキャラ。しかし、テディが大けがをしたときに駆けつけたロイドが「こんどこそ、よわむしのぼくがたたかうばんだ。テディ! きみはここでやすんでいてくれ!」と見違えるようなセリフを! 音楽もマッチして、弱虫だったロイドがとても頼もしく見えた。

 ちなみにその後、ジョージが作った恐ろしく強いロボットのイヴが敵に破壊され、最後のメロディが集まると強制的にマジカントという国へワープ。女王のクイーンマリーが「ああ…ギーグ…。ほんとうのこどものようにかわいがったのに…しっぽをふってたあかちゃんだった…こもりうたを…でも…」と忘れていた歌を思い出し、「ああ、ジョージ! あなたのつま、マリアです。あなたのまつてんごくに、わたしもいまからむかいます…」と、最後の言葉を紡ぐ。直後にクイーンマリーとマジカントは消え、「マジカントのくにとは、マリーのいしきがうみだしたまぼろしだったのだ」とテロップが流れる。

 幻の国の女王マリーが、ジョージの妻…つまり、1900年代初頭にさらわれ、ラスボス・ギーグを育てさせられ、もう命も尽きていた主人公の曾祖母マリアだと、ここで気付いて衝撃を受けたプレイヤーは多かったはず。ほかにも、山小屋のアナとの会話や、壊れたイブから最後のメロディが流れたり…と、終盤は切ないシーンや言葉のたたみかけ方がすごい。

■エスカレートする悪意、その本心は…

 『MOTHER2』には、主人公の幼なじみのポーキーという太った少年がいる。

 このポーキー、序盤はちょっとずる賢いだけのお隣さんなのだが、ゲームの進行とともに悪行がエスカレートし、最終的にラスボスとともに本気で主人公たちを亡き者にしようと襲いかかる。『MOTHER3』でも次元を越えて登場し、「ブタマスク」という集団を率いて主人公たちを苦しめる手に負えない悪役だ。

 しかし、マジカントに登場するポーキーは「ネス、おまえはいいよな…。なんかおまえのこと、うらやましいよ…。おれなんかダメさ。だけど、ネス…ま、いいよ。いつまでもなかよくやっていこうぜ、な」とつぶやく。

 マジカントは主人公の心を写した場所(初代のマジカントとは異なる)なので、これは主人公の「こうであってほしい」と願う気持ちの表れなのだろうが、もしかしたらポーキーは主人公への友情やコンプレックスを感じていたのかもしれない。

■母の言葉

 最後は、タイトルにもなっている主人公の母の言葉。

 『MOTHER2』のママは、ホームシックになった主人公が電話すると、「ママのセクシーでステキなこえをきいてげんきになりなさい」と元気付けてくれる。そして、すぐに「…なった? なったわね。じゃ、アイロンをかけてるとちゅうだから。バーイ♪」と、やたら軽いノリで電話を切ってしまう。

 ほかにも「じゃ、いまバーベルあげてるところだから」「じゃ、テレビのドラマがいいところだから」と、苦難の旅を続ける主人公からの電話をしょうもない理由で切りまくる陽気なママ。しかし8つのメロディを全て集めると始まる回想シーンでは、生まれたばかりの主人公に「えらいひとやおかねもちにならなくてもいいけど…おもいやりのあるつよいこにそだってほしいわ」と愛情たっぷりの言葉をかけてくれる。

 『MOTHER3』の母ヒナワも外せない。彼女は序盤で命を落としてしまうのだが、ラストバトル中に「クラウス…クラウス…もうおかあさんのところにおいで」「つかれたでしょう。おいで、クラウス」と天国から呼びかける。クラウスとは行方不明になった主人公の兄で、ブタマスクたちに改造・洗脳されて主人公と戦うのだが、息子たちが殺し合うのを見ていられなかったのだろう。

 何より「おかあさんのところにおいで」というのが悲しい。作中でクラウスがもう助からない(もしくはすでに死んでいる)と明言されることはなかったと思うが、息子が助かるならこんなセリフは出てこないはず。直前に戦ったポーキーも「いのちのかけらもありゃしない」と匂わせていたし、切ないけれど優しい言葉だ。

 好きな言葉はまだまだあるが、長くなりすぎるのでこのあたりで。ちなみに、筆者のマザーは5歳の時に亡くなり、それ以降はファミコンが親代わりのような少年時代を送っていたので、初代『MOTHER』には母親に近い感情がある。

 現在開催中の「ほぼ日『MOTHER』プロジェクト」でトリビュートコミックが発売され、12月にはシリーズの全セリフを収録した本が作られることも決定した『MOTHER』シリーズ。心に刺さる言葉が本当に多いので、「おとなもこどもも、おねーさんも」触れてみてはいかがだろうか。(文:ゲーム芸人フジタ)

エンタメ最新記事一覧

特集

クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介