『S.W.A.T. シーズン3』第13話は東京が舞台 小澤征悦ら日本人キャスト登場

海外ドラマ
海外ドラマ『S.W.A.T. シーズン3』
『S.W.A.T. シーズン3』日本が舞台の第13話に小沢征悦ら日本人俳優が出演 (C)2019 Sony Pictures Television Inc.and CBS Studios Inc.All Rights Reserved.

 『クリミナル・マインド』のシェマー・ムーアが主演を務めるドラマ『S.W.A.T. シーズン3』が、スーパー!ドラマTVにて6月26日より日本初放送されることが決定。さらに、東京で撮影が行われ、小澤征悦ら日本人俳優がゲスト出演する第13話「Ekitai Rashku」が、6月21日に特別先行放送されることも決まり、場面写真が解禁された。

 『S.W.A.T.』は、米ロサンゼルスを舞台に、強盗事件、テロリズム、刑務所暴動、麻薬取引、ギャング抗争といった凶悪事件の収拾に発動するロサンゼルス市警察所属の特殊武装戦術部隊S.W.A.T.の活躍を描く大人気アクションドラマシリーズ。

 緊迫感ある銃撃戦や臨場感あふれるカーチェイス、凶暴な犯罪者との素手での直接対決など、映画並みの迫力あるアクションシーンが繰り広げられる。

 シーズン3では、S.W.A.T.チームがロサンゼルスから飛び出し、日本の東京で撮影を敢行。撮影が行われたのは第13話のエピソードシーンで、秋葉原、東京タワー、新宿、歌舞伎町のロボットレストラン、増上寺など、世界的に人気のある観光地が登場。東京を舞台にストーリーが展開する。

 日本人犯罪者を警視庁へ引き渡すため来日したホンドー(シェマー・ムーア)、ディーコン(ジェイ・ハリントン)、タン(デヴィッド・リム)、ヒックス(パトリック・セント・エスプリト)の4人。しかし、移送中に襲撃を受け犯罪者が脱走。犯罪者を捕まえるべく、東京を舞台にS.W.A.T.チームの活躍が描かれる。

  さらに、第13話には日本人俳優がゲスト出演。小澤征悦が警察の情報提供者・サトウ役を演じるほか、人気テレビドラマシリーズ『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン5にアジア人として初めて出演、モデルとしても活躍する福島リラが事件のカギを握る人気女性レスラー・リオ役を、経営コンサルタント兼俳優という異色の経歴を持ち、ドラマ『HAWAII FIVE‐0』や『ウエストワールド』などへの出演でも知られるサニー齋藤が日本の警察責任者・ヨシダ役を演じる。

 日本人キャストがどんな演技を見せてくれるのか注目だ。

 海外ドラマ『S.W.A.T. シーズン3』は、スーパー!ドラマTVにて6月26日(金)22時より独占日本初放送。日本が舞台の第13話「Ekitai Rashku」は、6月21日(日)21時から特別先行放送。

エンタメ最新記事一覧

特集

クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介