『M 愛すべき人がいて』マサの右腕に白濱亜嵐&眼帯の秘書に田中みな実 主題歌は「M」

エンタメ
【テレビ朝日/AbemaTV】ドラマ『M 愛すべき人がいて』
ドラマ『M 愛すべき人がいて』キャスト陣ビジュアル (C)テレビ朝日/AbemaTV

 シンガーソングライターの安斉かれんと俳優の三浦翔平がダブル主演を務める4月スタートのドラマ『M 愛すべき人がいて』(テレビ朝日系/毎週土曜23時15分)の追加キャストとして、GENERATIONSのリーダーでEXILEメンバーの白濱亜嵐、フリーアナウンサーの田中みな実、俳優の高橋克典、高嶋政伸らの出演が発表された。

 本作は、歌姫・浜崎あゆみが誕生するまで、そしてそこに秘められた出会いと別れを描き大ヒットした小松成美による同名小説(幻冬舎刊)を原作に、ドラマならではの彩りを加え、壮大なスケールで描く連続ドラマ。テレビ朝日とAbemaTV初の共同制作。脚本は鈴木おさむが担当する。

 今回発表されたのは、音楽界の頂点を目指すアユ(安斉)と、レコード会社「A VICTORY」のカリスマプロデューサー・マサ(三浦)の前に立ちはだかる強烈なキャラクターを演じるキャスト陣。

 白濱が演じるのは、マサの右腕・流川翔。明るくチャラい子犬キャラから、悪だくみに利用されたことで変わっていく…という複雑な役を熱演する。白濱は役柄について「絶対にただのいいヤツでは終わらないと思います。おさむさんは僕が普段やらないことをやらせるのが好きなので(笑)。何やらされるんだろう…殺されたり…しないですよね(笑)!?」とコメントしている。

 田中が演じるのは、眼帯姿の謎めいたマサの秘書・姫野礼香。マサを愛するあまり暴走、あの手この手でアユをいじめるという狂気を秘めた役で大暴れする。田中は「こんなに意地悪な役は初めて…。新たな自分を発見できたら面白いなと思っています」と意気込む。

 高橋は、上京したアユが所属する事務所の社長・中谷役。アユにはまったく価値を感じていなかったにもかかわらず、マサが才能を見いだした途端囲い込もうとする、2人にとってある意味最初の壁となる人物を演じる。

 高嶋は、最大にして最凶の敵としてアユとマサの前に立ちはだかることになる「A VICTORY」の社長・大浜役。権力を振りかざし、しぶとく2人の邪魔をする不気味な男を熱演する。

 このほか、アユの友人から一転してライバルとなる歌手志望の玉木理沙役に久保田紗友。「A VICTORY」の社員でアユのマネジャー・野島美香役に河北麻友子。大浜のクールな秘書・吉田明日香役に田中道子。「A VICTORY」の人気プロデューサー・輝楽天明役に新納慎也。そして、アユとともに福岡から上京し、優しく見守り続ける祖母・幸子役に市毛良枝が決定。

 さらに、ダンスが得意なアユのライバルで理沙らとともに嫌がらせに加担する西谷真理役にONEPIXCELの傳彩夏。アユと幸子が身を寄せる東京の親戚・椎名里美役に上野なつひ。マサ行きつけのバーのマスター・佐山尚樹役に水江建太が決まった。

 なお、本作の主題歌が、浜崎あゆみが2000年に発表した楽曲「M」になることも解禁された。

 ドラマ『M 愛すべき人がいて』は、テレビ朝日系にて4月18日より毎週土曜23時15分放送。AbemaTVにて独占配信。

エンタメ最新記事一覧

特集

クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介