乃木坂46・与田祐希「逃げがちの自分が変わった」 少女が「強くなれた」転機とは

エンタメ
20200314乃木坂46・与田祐希インタビュー
乃木坂46・与田祐希  クランクイン!

 乃木坂46の三期生としてグループを支える一方、ファッション誌『bis』(光文社)や『MAQUIA』(集英社)でレギュラーモデルを務め、女優としても映画『ぐらんぶる』(5月29日公開)の出演が控えるなど、個人でも活躍の幅を広げる与田祐希。今月10日には2冊目の写真集『無口な時間』(光文社)を発表、発売前重版を含め18万部というスタートを切った。躍進を続ける19歳の与田が、20歳を目前にした今、「逃げがちの自分が変わった」という自身のターニングポイントを語った。

■「逃げがちの自分が変わった」 強さを得たきっかけ

 2016年9月4日。4万8986人のオーデション参加者から選ばれたのが、12人からなる乃木坂46の三期生だった。その1人が与田だ。活動は約3年半に及び、今やグループの中心メンバーとして活躍する彼女だが、さまざまな経験を経た今も「何が起きても大丈夫という自信はない」と口にする。

 「今でもライブの本番前にはドキドキするんですよ。緊張しやすい性格だし、歌番組やバラエティー番組へ出演するときも『大丈夫かな』と不安が込み上げてきて。元々、人前に出るのも苦手だったし、加入当初は自己紹介ですら大きな声も出せずにうまく話せませんでした。でもいつからか、緊張に押しつぶされるだけではいけないので、前へ進むためにも頑張るしかないと思えるようになりました」。

 自然に恵まれた福岡県の志賀島で育った少女は、地元で乃木坂46のオーディションが行われると知り、中学時代からひそかに憧れていた世界へ飛び込んだ。

 そして加入から約11ヵ月。2017年8月9日に発売されたグループの18thシングル「逃げ水」で、同期の大園桃子とグループの顔となる“Wセンター”を務めたのが、彼女のターニングポイントになった。

 「逃げない強さを教えてくれた1曲でした。この曲に出合うまでの自分は、つらい場面やしんどい場面から逃げていたんです。センターを任された当初も、教えてもらったことをこなせないし、周囲のメンバーと比べてしまい『グループの中心に立っているのに輝けていない』と責め続けていて。自分に対して何もできない“できそこないのロボット”みたいだと思い続ける毎日で。先輩方から『初々しいのが良さだよ』とか『自分らしく』と励まされるたびに、どうするべきなのかとずっと迷い続けていました。

 でも、もう一人のセンターだった同期の桃子と支え合いながら活動を続けるうちに、だんだんと『この場所で一生懸命にできることを頑張ろう』と思えるようになったんです。握手会やライブを通して、一つひとつの壁を乗り越える達成感を味わえるようになって、だんだんと周りの優しさを感じる余裕も生まれてくるようになりましたね。だから、曲自体の活動に区切りが付いたときには『ようやく走り切れたんだ』と安心できたし、自分自身が強くなれたような気もしました」。

 センターというポジションを経て、“逃げがちだった自分”から一歩強くなった与田。落ち込む場面に出くわしても「寝ればすべてを忘れてしまいます」と笑顔で答える彼女には、どこかほがらかなイメージもある。しかし、先述の「逃げ水」以降、選抜入りを果たし続けるもセンターは務めていない現状に「今、立ちたいか?」と尋ねると、真剣なまなざしで気持ちを明かした。

 「センターに立つよりも、今の自分にできることを精いっぱいやろうという気持ちの方が強いです。確かに、選ばれることはすてきなことなのですが、それだけが全てではない気もしていて。頑張った結果として、センターのポジションが付いてくるのかどうかは分からないけど、自分は自分と信じて、ファンの皆さんが『応援していて良かった』と思えるように活動していきたいです」。

■おばあちゃんの感想は「いつの間にか大人になったんやねぇ」

 そんな与田は5月5日の誕生日で20歳を迎える。10代最後の写真集となる『無口な時間』では、イタリアへ渡った彼女が水着カットや初のランジェリーカットにも挑んだ。2017年12月に発売された1st写真集『日向の温度』(幻冬舎)よりも、自然体の姿が切り取られているという。

 「前作の撮影では、当日に向けて食事制限をしたり減量に励んだりしました。でも、今回の写真集では特別に鍛えなかったですね。しいていうなら、むくみに気を使ったり太り過ぎたりしないようにと注意していたくらい…。1冊目からは2年ほど経ったので体質も変化したし、無理に絞ろうとするとゲッソリして見えてしまうから、自分なりに一番いいコンディションを“自然体”で見せられるよう臨みました」。

 2019年7月に公開されたグループのドキュメンタリー映画『いつのまにか、ここにいる Documentary of 乃木坂46』では、孫娘が登場した雑誌のスクラップを丁寧にまとめて、活躍を見守る与田の祖母と、その優しさに感極まる与田自身の姿も映し出されていた。祖母は2冊目となる今回の写真集にも感想をつぶやいていたという。

 「おばあちゃんも心待ちにしてくれていたみたいですね。ただ、私に連絡するのは照れくさかったのか、事前に公開されていた先行カットの感想がお母さんから届いて。ドキッとするカットもあるので心配したり驚いたりするかと思っていたんですけど、『いつの間にか大人になったんやねぇ』と喜んでいたと聞きました(笑)」。

 ファッション誌でレギュラーモデルに抜てきされて以降、ほかのモデルやスタイリストの意見も参考にしながら「自分なりの大人っぽさ」を地道に研究し始めたという彼女。年齢や経験も重ねた今、加入初期に打ち出していたキャッチコピー「小さいけど色気もあるとよ」には追いつけたのか。

 「どうなのかな…。元々、キャッチフレーズは願望から口にしていたんですよ。身長も低いし、幼いとよく言われていたから初ステージの『お見立て会』(2016年12月10日・日本武道館)で、とっさに出た一言だったんです。今回の写真集では、先行カットを見た二期生の新内(眞衣)さんから『スゴいね』と感想もいただきました。自信はないんですけど、ひょっとしたら追いつけたのかもしれません(笑)」。

■アイドルは「キラキラしているだけじゃない」

 2018年11月、乃木坂46には四期生11名が加入。さらに今年2月16日には、坂道研修生から黒見明香、佐藤璃果、林瑠奈、松尾美佑、弓木奈於の5名を新たに四期生として迎え入れた。だんだんと先輩としての役割が大きくなるにつれて、彼女は「自分自身が頼もしい存在にならなければ」と覚悟を示す。

 「四期生も16人になり、日に日に先輩としての実感を味わっています。三期生として加入した当時から、先輩たちが顔色を心配して『大丈夫?』と声を掛けてくれたり、ご飯に誘ってくれたりしたのがうれしかったんですけど、自分もそうなれるように努力し続けなければいけないと思っています」。

 メンバーとして環境の変化を感じる一方で、一人のアイドルとしても活躍の幅を広げている今、最後に自らの仕事についての思いを尋ねた。

 「人によって意味は違ってくるかもしれないけど、決してキラキラしているだけじゃない仕事だなと思います。加入前は私もそう思っていたけど、実際に飛び込んでみたら、人に見られる仕事なので体調や美容にも気を使わなければいけないし、変化の激しいスケジュールに耐えるためには心や体も強くなければいけないので、大変さも実感していますね。

 ただ、もちろんつらいことばかりではなくて、ライブや握手会でファンの皆さんからの温かい声を間近で聞くと勇気付けられるんですよ。加入当時から見守ってくださる方もいるから、握手会で顔を見ると『お〜っ!』と声を掛け合える方々もいて。最近では『大人っぽくなった』とか『たくましくなった』と言われるようになったのもうれしいし、もっともっと自分自身の強さを見せていけるようになれればと思います」。

 身も心も大人になるにつれてグループのメンバーとして、一人の女性として、いかなる成長を見せてくれるのか。内に秘めた思いを胸に、なおも走り続ける“与田祐希”の今後に期待したい。(取材・文:カネコシュウヘイ 写真:曽我美芽)

 乃木坂46・与田祐希2nd写真集『無口な時間』は光文社より発売中。価格は1850円(税別)。

エンタメ最新記事一覧

特集

クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介