秋元真夏&堀未央奈、乃木坂4期生ドラマ出演決定 熱血振付師&怪しい占い師役

エンタメ
秋元真夏、堀未央奈
(左から)ドラマ『サムのこと』に出演する秋元真夏、ドラマ『猿に会う』に出演する堀未央奈

 乃木坂46のキャプテン秋元真夏と、2期生のエース堀未央奈が、乃木坂46の4期生11名が総出演するドラマ『サムのこと』『猿に会う』に出演することが発表された。秋元は『サムのこと』で振付師役を、堀は『猿に会う』で怪しい占い師役を演じる。

 『サラバ!』『きいろいゾウ』『まく子』などで知られる直木賞作家・西加奈子による小説『サムのこと』『猿に会う』を、映画『重力ピエロ』『見えない目撃者』など数々の作品を手掛けてきた森淳一が『サムのこと』を、AKBグループ、坂道のドキュメンタリー映画やMVで知られる高橋栄樹が『猿に会う』をそれぞれ監督しドラマ化する本作。キャストには、本作がドラマ初出演となるアイドルグループ、乃木坂46の4期生が総出演し、可憐な表情で多くの人を惹きつけるアイドルとしての表情とは打って変わり、個性豊かなキャラクターをそれぞれが熱演する。

 秋元が出演するのは、3月に全4話で配信される、解散した元アイドルグループのストーリー『サムのこと』。秋元は、元アイドルグループだったメンバーたちのダンスを指導する振付師役で出演し、現在の乃木坂46キャプテンを務める秋元ならではの、たくましさや頼れる存在感も感じられる演技を披露している。

 一方堀が出演するのは、4月に全4話で配信される、仲良し女子大生3人組の旅行中に起こる出会いや事件が描かれるロードムービー『猿に会う』。堀は主人公たちが乗る車に途中から同乗する占い師のアキラ役で登場し、思いもよらない展開となる物語に関わっていく。

 秋元は「初めて挑戦することにも果敢に挑む後輩の姿がとても頼もしくて素敵だなと思いました。ぜひご覧ください!」、堀は「原作も面白いですし、ドラマもドラマならではの良さや面白さがたくさん詰まっていると思うので、ぜひたくさんの方に見ていただきたいです! 私も良いアクセントになれるよう頑張ります」とそれぞれコメントした。

 ドラマ『サムのこと』(全4話)はdTVにて3月20日、21日、27日、28日に配信、ドラマ『猿に会う』(全4話)は4月配信予定。

エンタメ最新記事一覧

特集

クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介