山田裕貴、『映画クレヨンしんちゃん』で声優初挑戦! しんちゃんとの対決実現!?

ゲーム・アニメ
『映画クレヨンしんちゃん 激突!ラクガキングダムとほぼ四人の勇者』
『映画クレヨンしんちゃん 激突!ラクガキングダムとほぼ四人の勇者』で声優初挑戦する山田裕貴とクレヨンしんちゃんの2ショット (C)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ ADK 2020

 アニメ『クレヨンしんちゃん』の映画シリーズ28作目となる最新作『映画クレヨンしんちゃん 激突!ラクガキングダムとほぼ四人の勇者』のゲスト声優として俳優の山田裕貴の出演が決まった。しんちゃんと対決するラクガキングダムの防衛大臣役。山田がアニメ作品の声優を務めるのは初めて。

 今回のしんちゃんの舞台の始まりは、地上のラクガキをエネルギーに浮かぶ王国・ラクガキングダム。ところが地上では時代の流れかめっきりラクガキが減り、王国は崩壊の危機に直面していた…。「ラクガキングダム」の王国軍は国の命運をかけて無理やり人間にラクガキをさせる作戦「ウキウキカキカキ作戦」を決行し、地上への進撃を開始。その下にはなんとしんのすけたちが暮らす春日部が。

 山田が声を演じる防衛大臣は、そのラクガキングダムの王国軍を率いて「ウキウキカキカキ作戦」を実行に踏み切るキーパーソン。地上のラクガキエネルギーの衰退による、ラクガキングダムの墜落を不安視しており、その愛国心から「ラクガキは自由な線を描いてこそ!」と主張するラクガキングダムの王に反旗を翻し、地上の人々に無理やりラクガキをさせる「ウキウキカキカキ作戦」を実行する。

 山田自身は幼少期からアニメシリーズを見ていたとのことで、「よくしんちゃんの真似をしておシリを出して怒られていましたし(笑)、こうやって大人になってからしんちゃんと“おシリあい”になれて、すごく嬉しいしドキがムネムネ~です!」とコメント。

 自ら演じる防衛大臣について「最初は『すごく悪いやつなんだ』と思っていましたが、実は素直さや心の純粋さも持っていてすごく魅力的なキャラクターです」と話した上、アニメ声優への初挑戦に「以前からやりたかった声優のお仕事なので、記憶に残るキャラクターを作りたいな、と強く思います。挑戦だけで終わらず、しっかり演技を声で出来たらいいですね。声の演技で僕の俳優業を“防衛”します!!」と意気込んでいる。

 『映画クレヨンしんちゃん 激突!ラクガキングダムとほぼ四人の勇者』は4月24日より全国公開。

エンタメ最新記事一覧

特集

クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介