今夜の『知らなくていいコト』吉高由里子の“元カレ”柄本佑を重岡大毅が呼び出し…

エンタメ
【二次使用不可】【日本テレビ】水曜ドラマ『知らなくていいコト』第3話より
水曜ドラマ『知らなくていいコト』第3話より (C)日本テレビ

 女優の吉高由里子が主演を務める新ドラマ『知らなくていいコト』(日本テレビ系/毎週水曜22時)第3話が今夜放送される。第3話では、ケイト(吉高)へのプロポーズを取り下げた野中(重岡大毅)が、ケイトの“元カレ”尾高(柄本佑)に“あること”を話すために呼び出す。

 本作は、週刊誌編集部を舞台に、現代社会の時事性の高いトピックスを扱いながら、主人公が記者としてだけではなく、人として成長していく姿を1話完結で描く“お仕事系ヒューマンドラマ”。大石静のオリジナル脚本で、吉高が自信家ながらも母譲りの人ウケのよさと人懐っこさで仕事も恋も絶好調の毎日を送る主人公・真壁ケイトを演じ、柄本、重岡のほか、佐々木蔵之介、小林薫らが共演する。

 殺人犯・乃十阿徹(小林)の娘だと知りながら、かつて尾高(柄本)がプロポーズしてくれていたことを知ったケイト(吉高)は、当時何も知らずに春樹(重岡)に心を移した自分を悔やんでいた。

 そんな中、週刊イーストでは年末年始合併号の準備が進む。黒川(山内圭哉)班は国民的な人気を誇る天才ダンサー“タツミーヌ”こと河原巽(大貫勇輔)の才能に迫る特集企画を担当。早速取材に出るケイトだが、ネット上で拡散した10年前のタツミーヌの動画が炎上したことで急きょ取材中止の連絡が入る。問題の動画には老人に向かって暴言を放つ、世間のイメージとはかけ離れたタツミーヌの姿が映っていて…。

 編集長の岩谷(佐々木)は、ネットの後追いで10年も前の出来事を掘り返すことに反対するケイトに取り合わず、記事の内容をタツミーヌの才能ではなく、本性に迫るものに方向転換して取材続行を指示。仕方なく本人直撃を狙うケイトだが、タツミーヌ叩きの報道が過熱する中、本人は沈黙を貫いたまま消息を絶ってしまう。

 一方、編集部には尾高が年末の挨拶に現れる。春樹は、あることを話すため、尾高を屋上に呼び出すが…。

 タツミーヌ探しが難航する中、ケイトはかつてタツミーヌがアルバイトをしていた店で意外な真相へと繋がる証言を聞く。

 水曜ドラマ『知らなくていいコト』第3話は、日本テレビ系にて本日1月22日22時より放送。

エンタメ最新記事一覧

特集

クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介