欅坂46・菅井友香「欅の力強いダンスが生きている」 舞台『飛龍伝2020』稽古公開

エンタメ
20200114舞台『飛龍伝2020』公開稽古
舞台『飛龍伝2020』公開稽古の様子  クランクイン!

 欅坂46の菅井友香が14日、都内にて行われた舞台『飛龍伝2020』の稽古場公開と囲み取材に登場。男性キャスト陣を相手取った激しい格闘シーンやダンスを披露した菅井は、「今までのものすべてを出し切りたい」と意気込んだ。

 つかこうへいの代表作である「飛龍伝」を同氏の没後10年となる今年、新国立劇場にて上演。学生運動真っ只中の時代に上京する主人公の神林美智子役を欅坂46のキャプテン菅井友香が務め、美智子と恋に落ちる全共闘作戦参謀の桂木純一郎役を俳優の味方良介、機動隊員の山崎一平役をNON STYLEの石田明が演じる。この日は菅井、石田、味方のほか、細貝圭、小柳心、久保田創、小澤亮太、吉田智則、演出の岡村俊一が登場した。

 本作で8代目となる、主人公の神林美智子役を務める菅井。公開された稽古では、新境地とも言える鬼気迫る演技を見せた。富田靖子、牧瀬里穂、広末涼子ら名だたる女優たちが演じてきた神林役に菅井は、「偉大なるつかこうへいさんの歴史ある名作で、神林美智子を演じさせていただけることをとてもうれしく思います。稽古を重ねるにつれて、新しい感情とたくさん出会っています」と笑顔であいさつ。

 菅井を起用した理由について、演出の岡村は「真っ白いキャンバスというのは純粋な人に使う言葉ですが、この人は“透明”。まったく色がないくらい透き通るように透明な人。こんな真っ透明で純粋なものは、演劇30年やっていますが初めて出会った逸材。そして、それを周りのすごい汚れたやつらが…」と話すと、すかさず石田が「うちは会社が汚れているだけですよ(笑)」と笑いをとり、場を和ませた。

 そんな菅井を、味方も「稽古は裏切らないということを体現してくれた人。稽古2週間を経たときにグッと人が変わったようになった瞬間があって、この子が頭にいればこの作品勝てるなと思わせてくれた」と絶賛。本作は激しい格闘シーンや歌にダンスと体力勝負の舞台となるが、「欅坂の活動の中で経験してきた歌やダンス、欅ならではの力強いダンスが生きている部分もあるので、今までのものすべてを出し切りたい」と意気込む菅井に、石田も「弱音も吐かずに、すごく頑張る。進化がえげつなさ過ぎて、ちょっと焦っています(笑)」と吐露した。

 そんな中でも、心身ともにかなりハードとなる本作に菅井は「感情的には結構追いつめられることが多くて、(欅坂46の曲の)「不協和音」や「ガラスを割れ!」がずっと続いているような感情。それくらい精神的にくるものがある」と明かしつつ、最後は「ずっとつかさんの作品を愛してくださってきた皆さんや、今を生きるすべての方に伝えたいことが詰まった作品。全身全霊で頑張りますので、ぜひ観にきてください!」と100%の笑顔でアピールした。

 舞台『飛龍伝 2020』は東京・新国立劇場 中劇場にて1月30日~2月12日(1月29日はプレビュー公演)、大阪・COOL JAPAN PARK OSAKA TTホールにて2月22日~24日上演。

エンタメ最新記事一覧

特集

クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介