横浜流星、役者として“引き出しの少なさ”を痛感 今は「学ぶ時期」

エンタメ
『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』横浜流星インタビュー 202001
『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』で主演を務める横浜流星  クランクイン!

 ドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』(読売テレビ・日本テレビ系/1月12日スタート)で、清野菜名と共にGP(ゴールデンプライム)帯連続ドラマ初主演を務める横浜流星。2019年大躍進を遂げた彼は、経験を重ねる中で「芝居の引き出しの少なさ」を課題に感じ、「もっと感情を解放できるようにしたい」と自身を客観的に見つめていた。中でも『あなたの番です‐反撃編‐』への出演は、役者として多大な影響を受けたという。

 『初めて恋をした日に読む話』を皮切りにドラマ出演が続き、年末の各賞を総なめにした昨年。横浜はブレイクした現状について「客観的に見れていない。目の前のことをこなすのに必死でした」と本音を明かす。

 勢いにのる中でのGP帯連ドラ主演は横浜にとって目標の1つだったが、内心は「まだ早いのでは」という思いがあったという。「自分はまだまだ未熟者。もっと経験して、皆さんに認めてもらえ、僕自身でも手応えを感じたときにお話をいただけるかなと思っていました」と胸の内を明かすも、「不安はありますが、今は楽しみながらやろうという気持ちです」と前を見据える。

 本作は、驚異的な身体能力を持つ謎の女・ミスパンダ(清野)と彼女を操る男・飼育員さん(横浜)が、警察やマスコミも触れない世の中のグレーな事件にシロクロつける姿を描く。

 現場について「オリジナル作品なので、みんなで作っている感じがしてすごく楽しい。誰もが意見を伝えやすい雰囲気で、いい空気が流れています」とニッコリ。その中で座長として意識していることを聞くと、「ダブル主演の清野さんやみんながやりやすい現場を作れるように、前にいくというよりは支えるようにしています」と穏やかな表情を見せる。

 そんな座長としての立ち振る舞い方は、先輩俳優たちの影響が大きいという。2018年までは同世代俳優との芝居が多かったが、「恵まれた1年だった」と振り返る2019年は先輩との共演が増えた。そこで「多くのことを学んで吸収できた」と明かし、最も影響を受けたのが田中圭主演の『あなたの番です‐反撃編‐』だという。「圭さんは自分よりも周りを見ていて、周りがやりやすい環境を作る人。圭さんの現場での立ち振る舞い、芝居への向きあい方は学ぶことが多かったです」と尊敬の念を示す。

 また演技の部分でも先輩俳優陣の表現のアプローチにふれ、自分の弱い部分が見えた。「台本を読んだときに、"このシーンはこうなる"となんとなく想像がつきますが、『あな番』に関してはそれが1つもなく、僕が思っていた感じと全員違っていて。圭さんや生瀬勝久さんをはじめ、芸達者な方ばかり。アドリブなどでそれぞれがご自身の役を広げていき、それが作品の面白さにつながっていく。本当にすごかったですね。自分の引き出しの少なさを痛感しました」と回顧。

 そんな役者として悔しい思いをしたとき、どう乗り越えているのか? 負けず嫌いだという横浜。10代では「絶対こいつには負けない」という気持ちが先走っていたが、20歳を境に悔しさを柔軟に受け入れ、「学ぼう」という思考に変えられるようになったと明かす。今も自分と向き合い、客観的に考えるようにしているそうで、「気持ちの整理をするために、友達とご飯に行くとかではなく、家で1人でいる時間を大切にしています。大好きなamazarashiさんの音楽を聞いたりしますね」。

 そして、「先輩方をはじめ多くの役者の方と共演して、いろいろ吸収したい。表現の仕方など、役者としての引き出しがまだまだ足りない。もっと感情を解放できるようにしたいし、実力をつけるために学ぶ時期だと思っています」と今の自身を冷静に分析する。

 「目の前のことをやるという意識は変わってないですが、主演という立場をいただくことも多くなったので責任感がより強くなりました」と凛(りん)とした表情を見せた横浜。役者として飛躍するために、自身の弱さを素直に受け止めてまい進する彼の演技が楽しみで仕方ない。(取材・文:高山美穂 写真:松林満美)
 
 新日曜ドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』は、読売テレビ・日本テレビ系にて1月12日より毎週日曜22時30分放送。

エンタメ最新記事一覧

特集

クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介