“愛と寛容” ユダヤにルーツを持つタイカ・ワイティティ『ジョジョ・ラビット』に込めた思い

映画
映画『ジョジョ・ラビット』
映画『ジョジョ・ラビット』メイキングカット(左から)スカーレット・ヨハンソン、ローマン・グリフィン・デイビス、タイカ・ワイティティ監督 (C)2019 Twentieth Century Fox Film Corporation &TSG Entertainment Finance LLC

 タイカ・ワイティティが監督・脚本・出演を務め、女優のスカーレット・ヨハンソンらが出演する映画『ジョジョ・ラビット』より、ワイティティ監督が本作に込めた思いや、キャストたちが監督の才能についてコメントする姿を収めた特別映像が解禁された。

 本作は、第二次世界大戦下のドイツを舞台に、戦争への笑いによる風刺と共に、戦時下の人々の生きる喜びを描くヒューマン・エンターテインメント作品。

 監督、脚本、製作と本作を一手に担いながら、主人公の少年ジョジョ(ローマン・グリフィン・デイビス)の空想上の友達アドルフ・ヒトラー役までを演じるというマルチな才能を発揮しているワイティティは、ニュージーランドの先住民族・マオリとロシア系ユダヤ人のハーフという映画界では非常に珍しいルーツを持つ人物。

 第二次世界大戦下のドイツという、ユダヤ人迫害であまりにも有名な舞台設定について、ワイティティは「第二次世界大戦を史実通りでありながらも子供目線で描きたかった」とコメント。劇中、ヒトラーはジョジョにひどいアドバイスばかりするが、「10歳の少年の空想だから、10歳までの知識しかないんだ」と説明。「何も知らないお調子者のヒトラーだ」と語り、かつてないユニークなキャラクターの“アドルフ・ヒトラー”の誕生について述べている。

 自身も成長する過程で、偏見による哀しい経験を経てきたワイティティ。本作に込めた思いについて、「人類史上最も暴力的で無秩序な時代を妙なコメディにしたいわけじゃない。下手をすれば“戦争を笑いのネタにした”と思われる。コメディに埋もれさせず物語や大切なメッセージを前面に押し出した。“広めるべきはヘイトじゃない。愛と寛容だ”」と力を込めて語っている。

 さらに特別映像では、監督の渾身の思いに応えたメインキャストたちによるコメントを収録。ヒトラーユーゲントの教官で破天荒でダイナミックなクレンツェンドルフ大尉役を演じるサム・ロックウェルは、「タイカにはメル・ブルックスやマルクス兄弟に近い感性がある」と絶賛。サムが挙げたのは、ワイティティ同様ユダヤ系移民にルーツを持ち、コメディ映画史を代表する巨匠たちの名前だ。

 ジョジョの母ロージー役のスカーレットは、『マイティ・ソー バトルロイヤル』でワイティティ監督とタッグを組んだクリス・ヘムズワースからその類まれな実力について聞き及んでいたようで、「タイカの脚本がいかに見事かを話に聞いた。本当に美しくて面白い脚本だった」と納得の表情で振り返っている。

 トロント国際映画祭の最高賞<観客賞>に続き、先日、第77回ゴールデングローブ賞の作品賞(ミュージカル&コメディ部門)と、主演男優賞(ローマン・グリフィン・デイビス/ミュージカル&コメディ部門)の主要2部門にノミネートされ、アカデミー賞大本命の1本としても注目が集まっている本作。興行収入でも、全米では公開12週目にしてトータル2159万ドルまで数字を伸ばしロングラン上映中だ。

 映画『ジョジョ・ラビット』は2020年1月17日より全国公開。

エンタメ最新記事一覧

特集

クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介