『スター・ウォーズ』全作に出演したアンソニー・ダニエルズがC‐3POに贈る言葉に涙

映画
アンソニー・ダニエルズ、『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』インタビュー
『スター・ウォーズ』全作でC‐3POを演じたアンソニー・ダニエルズ  クランクイン!

 映画『スター・ウォーズ/新たなる希望』(1977)から、現在公開中の最新作『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』まで、シリーズ全9作にわたって人気キャラクター・C-3PO(600万以上の宇宙言語を操るプロトコル・ドロイド)を演じてきたイギリス人俳優のアンソニー・ダニエルズ。42年にわたって苦楽をともにしてきたC-3POへ、アンソニーが掛けてあげたい言葉とは?

■ジョージ・ルーカスとの出会い

 もともとイギリスでラジオドラマや舞台演劇などを中心に活動していたアンソニー。SF映画にはほとんど興味がなく、一度はオファーを断ったそうだが、本シリーズの生みの親であるジョージ・ルーカスの人間性に惹(ひ)かれ、その思いは一転する。「ジョージは、とても物静かでシャイな男。人間的に深く、そして賢く、私にいろんなインスピレーションを与えてくれた。天才ゆえに、彼が何を求めているのかをこちらが想像しなければないところもあったが、ジョージのそういうところに私は心を動かされたんだ」。

 とはいえ、「こんなに長くC‐3POを演じるとは思ってもみなかった」というアンソニーは、シリーズ全9作に出演できたことに驚きを隠せない。「あんなに躊躇(ためら)っていたのに、結果、全作品に出演した唯一の俳優になるなんて…自分でも正直、驚きました。でも、今となっては、『スター・ウォーズ』は私の誇り。今回で完結を迎えましたが、寂しい反面、幸せな気持ちでいっぱいです」と感無量の様子。さらに、「まるでリレーのように、いろんな方々にバトンタッチしながらシリーズはここまでやってきましたが、全てはジョージから始まったこと、それだけは皆さん、忘れないでくださいね。彼がいなかったら、私もここにはいなかった」と恩師への思いも口にした。

■まるで悪夢! でもハッピーな瞬間

 思い出話となると、やはり撮影初日が忘れられないというアンソニー。C‐3POとして初めて撮影に臨んだのは、『スター・ウォーズ/新たなる希望』の序盤、帝国軍の攻撃を受け、R2‐D2(アストロメク・ドロイド)と共に砂漠に不時着するシーンだったそう。

 目の前で突然、衣装を身に着ける様子をパントマイムで再現し始めたアンソニーは、首元のパーツの装着では窮屈そうに顔をゆがめ、全パーツを身に着けると「horrible!(ひどい!)」と一言。「砂漠の中で、あのゴールドのコスチュームが全て閉じられたときは、とにかく動きづらくて、息苦しくて、本当に辛かったのです」と告白する。ところが、苦痛にあえぐ本人とは逆に、小さな目の穴から見える景色はとてもハッピーなものだった。「スタッフ全員が拍手しながら大喜びしているんです。まさにC‐3POが生まれた歴史的瞬間だったのでしょうね。過酷な撮影でしたが、その光景を目にしたときは本当にうれしかった」。

■42年を共に歩んだ友へのメッセージ

 完結編となる本作では、C-3POもラストを飾るにふさわしい存在感を見せる。アンソニーいわく、「C-3POは、脚本家がどこにその存在を置くかによって変わっていくキャラクター」というが、本作では、「かなりの驚きと冒険がC-3POを待ち受けます」と宣言。「レイ(デイジー・リドリー)やポー(オスカー・アイザック)、フィン(ジョン・ボイエガ)ら大好きなチームとの最後のコラボレーションもぜひ楽しんで!」と語るその目には、本作に対する自信がみなぎっていた。

 最後に、これほど長く苦楽を共にしてきたC-3POに今掛けてあげたい言葉を尋ねると、アンソニーはC-3POのフィギュアを愛おしそうに見つめながら、穏やかにこう語った。

 「Thank you my friend for being with me all these years. It has been honor.
 友よ、こんなにも長い間、一緒にいてくれてありがとう。とても光栄でした」。

 42年の思いが詰まった言葉に思わず筆者が涙ぐむと、「僕も泣きそうです」とアンソニー。壮大なるスペースオペラでの終演に、心からの拍手を贈りたい。(取材・文・写真:坂田正樹)

 映画『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』は公開中。


エンタメ最新記事一覧

特集

クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介