『3A』今田美桜&福原遥、『あな番』西野七瀬…2019年大活躍した女優たち

エンタメ
2019年大活躍した女優たち
2019年大活躍した女優たち  クランクイン!

 あと少しで2019年が終わる。今年も多くのヒット作や話題作が生まれ、社会現象になった作品も現れた。もちろん、そこに欠かせないのが女優だ。彼女たちの熱演によって生み出された、過去に闇を抱えていたり、前向き過ぎたり、恋愛が大好きだったりなど、個性的なキャラクターがたくさん登場し、私たちを泣かせ、笑わせ、楽しませてくれた。その中から、特に印象に残った女優をピックアップ! さあ、令和最初の大活躍女優は?

■『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』今田美桜&福原遥&富田望生

 2019年を語る上で欠かせないのが、さまざまな賞を受賞した『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』、“ユーキャン新語・流行語大賞”にタイトルがノミネートされた『あなたの番です』の2作品(共に日本テレビ系)だ。とりわけ、『3年A組』は学園ドラマであったため、若手女優が多数出演。中でも、目を見張る活躍をしたのが、同作で諏訪唯月役を熱演した今田美桜だ。

 彼女が演じた唯月はクラスの女子のリーダー的存在だったが、クラスメイトから責められる立場となり、自分の心情を号泣しながら吐露。鬼気迫る演技で見る者を圧倒した。今年は勢いそのままに、現在放送中の人気ドラマ『ドクターX ~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日系)シリーズ最新作への出演も果たしている。そんな今田は、2018年にインスタグラムのフォロワーが100万を超え、Yahoo!検索大賞女優部門でトップに立つなど大躍進。そこに演技派という冠がついたことから、2020年はさらなる活躍が予想される。現時点で、映画『ヲタクに恋は難しい』(2月7日公開)、『スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼』(2月21日公開)の2作品、年始放送のドラマ『半沢直樹イヤー記念・エピソードゼロ』(TBS系/1月3日23時15分)への出演作品が決まっており、今後さらに増えることは間違いなさそうだ。

 同じく『3年A組』からの躍進組が福原遥と富田望生の2人。福原は2009年から2013年までNHK教育テレビ(現・Eテレ)の子ども向け料理番組『クッキンアイドル アイ!まい!マイン!』で柊まいん役を演じ、子どもと母親層を中心に全国的な人気を博した人物。そんな彼女が『3年A組』の第6話で菅田将暉演じる柊から責め立てられた結果、怯え切った表情となり、目から大量の涙をこぼして号泣するシーンを視聴者が絶賛。“まいんちゃん”がツイッターでトレンド入りするほどの話題となった。その後、ドラマ『賭ケグルイ』(MBS・TBS)『チート〜詐欺師の皆さん、ご注意ください〜』(読売テレビ・日本テレビ系)、主演映画『羊とオオカミの恋と殺人』など、幅広いジャンルで活躍している。

 もうひとりの富田は、『3年A組』でスーパー前向きな女子高生・魚住華役を熱演。劇中でカップルとなった須永と華の名前を取って、“すな華”という愛称でファンから親しまれた。元々演技力に定評のあった彼女だが、このドラマでブレイクしたと言えるだろう。以降、NHK連続テレビ小説『なつぞら』に出演し、情報・バラエティー番組『ヒルナンデス』のシーズンレギュラーを務めるなど、知名度は全国区へ。トークも上手いだけに、仕事の幅はさらに増えそうだ。

■『あなたの番です』西野七瀬&奈緒

 そして、もう1本の『あなたの番です』からは、元乃木坂46の西野七瀬を挙げたい。女優としてのキャリアは始まったばかりだが、彼女が演じたキャラクター、黒島沙和の明るさや朗らかさは、初々しさが残る彼女だからこそできたこと。そんな雰囲気に反し、怪しい行動を取る点も見事だった。また、トークバラエティー番組『グータンヌーボ2』(関西テレビ)では長谷川京子、田中みな実、滝沢カレンらと共にMCを担当し、ぶっちゃけガールズトークを展開。毎回かなりの話題を呼んだ。女優業では、映画『一度死んでみた』が3月20日より公開される。知名度は抜群なので、来年はラブコメ、ホラー、感動系など、さまざまなジャンルでの西野の演技をぜひ見てみたい。

 さらに、『あなたの番です』での怪演が話題となったのが奈緒だ。同作で第102回ザテレビジョンドラマアカデミー賞助演女優賞を受賞した彼女は、地元・福岡で活動していたが、東京でお芝居がしたいと母親の反対を押し切って単身上京したガッツの人。NHK BS時代劇『赤ひげ』、NHK連続テレビ小説『半分、青い。』などでキャリアを積み、今年は主演映画『ハルカの陶』を含む4本の映画に出演し、現時点で待機作が3本。日本テレビ系1月クールのドラマ『やめるときも、すこやかなるときも』にヒロイン役での出演も決定している。2020年はどこまで伸びるのか注目だ。

■『透明なゆりかご』『なつぞら』清原果耶

 最後に、特筆しておきたいのが清原果耶。彼女はNHK連続テレビ小説『あさが来た』、NHK ドラマ10『透明なゆりかご』での演技力が評価され、2度目の朝ドラとなる『なつぞら』に出演。さらに、ソフトバンク、KOSE「雪肌精」のCMのほか、大塚製薬やイオンモールなど、現時点で5社以上と契約。高校卒業後の2020年春からは、上京して女優活動を本格化させるとのこと。来年、大化けしそうな予感大!

 ドラマから話題が生まれることが多かった2019年。来年、2020年はどのような女優がどんな役を演じ、私たちを楽しませてくれるのか。大いに期待したい。(文:安保有希子)

エンタメ最新記事一覧

特集

クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介