清野菜名、『シロクロ』で目指すのは『今日俺』とは“全く違う自分”

エンタメ
【読売テレビ・日本テレビ】ドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』
清野菜名が演じる囲碁棋士の川田レン (C)読売テレビ

 映画『TOKYO TRIBE』(2014)で一躍脚光を浴び、“アクションができる若手女優”として頭角を現した清野菜名。横浜流星とダブル主演のドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』でも、彼女のアクションがさく裂する。演じる“ミスパンダ”を「画面から飛び出すくらいの勢いでやりたい」と意気込む彼女は、2018年10月期ドラマ『今日から俺は!!』と同じ放送枠で「全く違う自分をお見せできたら」と意気込んでいる。

 驚異的な身体能力を持つ謎の女“ミスパンダ”と彼女を操る“飼育員さん”(横浜)が、警察やマスコミも触れない世の中のグレーな事件にシロクロつける姿を描く本作。清野は囲碁棋士の川田レンと、世間を騒がせる謎の存在ミスパンダという全く性格の違うキャラを演じ分ける。「レンはおとなしく、ミスパンダは自由奔放で明るい。今まで静かな役が多かったので、最初はレンの方が演じやすいかと思っていましたが、おもいっきりはっちゃけられるミスパンダの方が自分の中でどんどんアイデアがでてきて楽しくて。逆にレンの繊細な部分をどう表現するかが、難しくて課題」と苦笑い。

 ミスパンダのシーンでは持ち前の身体能力を駆使し、見ごたえ十分のアクションを披露。これまでさまざまなアクションに挑んできた清野だが、今作は「動物的」と表現し、「自分にすごい合ってるので、型にはまらず動きたい。今までにやったことのない技に挑戦し、ダイナミックなアクロバットとかもやれたら」と気合十分だ。

 タッグを組む横浜も空手有段者でアクションが期待される。ほかの作品で見たという横浜のアクションを「キレのある蹴りや回転で、すごくかっこよかったです。だけど横浜さんは操る側。まだ台本が全部できていないので、どこまで一緒にできるかは分からないですけど、できるならバディで息のあった技に挑戦したいですね。男女で今までにないところを目指してやりたい」と目を輝かせながら語る。

 飼育員さんとミスパンダが、世の中のグレーな事件にシロクロつけていく本作。清野は、正義感はあるかと聞くと「あります」と即答し、「うそが嫌い。曲がった人が目の前にいると、結構言っちゃうかも」と真っすぐな瞳で答える。ミスパンダは結果、正義にはなってはいるものの手段を選ばないキャラクターで、「自分が思い描いていたヒーローとは少し違うけど、派手さとカッコよさを兼ねそなえてる。スパイダーマンみたいなアメコミヒーローをイメージし、ダイナミックにやれているので楽しい。新たな自分を発見した気がします」と破顔する。

 放送される日曜枠は『今日から俺は!!』以来、約1年ぶり。「帰ってこれたのがうれしくて。全く違う自分をお見せできたら」とはにかみ、「原作がないので、現場で監督やスタッフさんと確認しながら役を作りあげていくのがすごく楽しい。それは伝わると思うので、面白いドラマになると思います」と手応えを明かす。

 来年チャレンジしたいことを聞くと、「野球が好きなので、プロ野球女子を目指したい」とニヤリ。「現実的じゃないけど、この前もどうしたらプロに入団できるかを調べてて。ピッチャーやりたい」と無邪気な表情。海外で仕事をする夢もあることを明かし、「英語を勉強して、海外の作品に出たいです。この作品で目に留まってもらえたら」と期待を寄せる。「今までにないものをやりたいし、それを越えようと思って毎回作品に挑んでいます」と力強く語った清野がこの作品でどんな進化を遂げるのか、楽しみで仕方ない。(取材・文:高山美穂)

 日曜ドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』は、読売テレビ・日本テレビ系にて1月12日より毎週日曜22時30分放送。

エンタメ最新記事一覧

特集

クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介