『悪夢のエレベーター』木下半太、長編映画監督デビュー 自伝的小説を映画化

映画
映画『ロックンロール・ストリップ』
『ロックンロール・ストリップ』原作書影 (C)小学館文庫

 『悪夢のエレベーター』の原作者で知られる作家で俳優の木下半太の自伝的小説『ロックンロール・ストリップ』(小学館文庫刊)が、原作者の木下本人の監督で映画化されることが発表された。木下にとって本作が長編映画監督デビューとなる。

 本作は、大阪のストリップ劇場を舞台に、映画監督を夢見る劇団座長が売れない劇団員とともに奇跡のパフォーマンスを繰り広げる痛快エンターテインメント。

 劇団『渋谷ニコルソンズ』『なにわニコルソンズ』を主宰し、後にテレビドラマ、舞台、映画化された『悪夢のエレベーター』で作家デビューした、小説化、漫画原作者、俳優、映画監督という数々の肩書きを持つ木下が原作・監督を務め、木下の半自伝的映画となる。

 原作のあらすじは、売れない劇団をやりながら、大阪市K区寿町でバーを経営している映画監督になりたい25歳の木村勇太が主人公。ある日、自らをストリッパーだという見知らぬ美女・冬音が店にやってきて、勇太にストリップ劇場で前座をやってほしいと頼む。冬音はなんとか劇場を満員にしたい、力を貸してほしいというのだ。そこから勇太たち劇団員4人の、場末の劇場を舞台にした、笑いあり、涙ありの悪戦苦闘の日々が始まる…。

 木下は「25年前、大阪の映画専門学校で講師と喧嘩をした。『お前、映画監督になれると思ってんのか?』。その言葉が俺の胸に突き刺さったまま、劇団を立ち上げ、先輩とバーを経営し、なぜか小説家になり、初監督の映画を撮りました。夢を叶えるのに四半世紀。長かったようで、これが一番の近道だったのかもしれません。ロックンロール・ストリップは負け犬が走り続ける青春映画です。今、夢を叶えようともがいてる人たちに観てもらえたら幸せです!」とコメントを寄せている。

 映画『ロックンロール・ストリップ』は2020年全国公開。

エンタメ最新記事一覧

特集

クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介