【映画ランキング】『アナと雪の女王2』、前作超えのぶっちぎりで首位発進!

映画
映画『アナと雪の女王2』
映画『アナと雪の女王2』が週末全国映画動員ランキング1位に! (C)2019 Disney.All Rights Reserved.

 11月23~24日の全国映画動員ランキングが興行通信社より発表され、前作で255億円という興行成績を叩き出した『アナと雪の女王』の続編『アナと雪の女王2』が、初週土日動員121万1000人、興収16億1600万円をあげ、初登場首位に輝いた。公開から3日間での累計は動員145万人、興収19億4205万円を記録。この数字は前作の約2倍という圧倒的なもので『トイ・ストーリー4』が記録したディズニー・アニメーションのオープニング興収最高記録を抜くと共に、2019年公開映画のナンバー1オープニング興収となった。

 2位は、東大教授・山本博文による『「忠臣蔵」の決算書』を原作に『殿、利息でござる』の中村義洋監督が実写映画化した『決算!忠臣蔵』が、初週土日動員16万人、興収2億400万円を記録し初登場。公開からの3日間では、動員21万1563人、興収2億6796万円という結果だった。SNSでは「忠臣蔵」という題材を“お金”という視点から描いた切り口に称賛の声が多くあがっており、口コミでさらなす数字の上乗せも期待できる。
 
 3位は公開3週目の『ターミネーター:ニュー・フェイト』。週末土日動員15万人、興収2億300万円と前週からの数字の落ちも少なく、累計では動員130万人、興収18億円を突破した。大きな話題となっている『映画 すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ』は4位。22日に行われた応援上映は、チケッ発売開始から5分で売り切れるなど、いきおいはまだまだ続きそうだ。
 
 5位に公開4週目の『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』、6位に公開8週目を迎えた『ジョーカー』がランクイン。累計では『IT~』が動員110万人、興収15億円、『ジョーカー』が動員328万人、興収48億円を突破した。

 その他、『ゾンビランド』10年ぶりの続編『ゾンビランド:ダブルタップ』は9位スタートを切った。

 11月23日~11月24日全国映画動員ランキングは、以下の通り。

第1位:アナと雪の女王2
第2位:決算!忠臣蔵
第3位:ターミネーター:ニュー・フェイト
第4位:映画 すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ
第5位:IT/イット THE END “それ“が見えたら、終わり。
第6位:ジョーカー
第7位:冴えない彼女の育てかた Fine
第8位:マチネの終わりに
第9位:ゾンビランド:ダブルタップ
第10位:映画スター☆トゥインクルプリキュア 星のうたに想いをこめて

エンタメ最新記事一覧

特集

クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介